四代目又右衛門の頭の中を書いたブログ

早朝便で新潟から戻ってそのまま出社。相変わらずバタバタの日々が続いた1週間であった。ただ単なる山積みの業務をこなすバタバタの日ではなかった。
週初めはJICAを訪問。所長はじめ主要な方々とご面談いただき、今日までの活動報告をさせていただき、さらに今後の進めたいプロジェクトなどの提案をさせていただくことができました。
会談中には、私たちの活動に共感いただき、支援のお言葉もかけていただき、私たちの更なる活力につながりました。

また私と比べものにならないほど実際に現地で活動されてきた所員の皆様のアドバイスからは、多くのことを学ばせていただくことができ、とても貴重な時間となりました。是非今後もしっかりと努めていきたいと思います。

 
また翌日にはまちづくりやIRに関して能動的に活動されているパワフルな方々とのミーティング、ハウスメーカーとの新しい取り組みなど日々重要なミーティングが続くことになった。
金曜日には関東に向かい、ミーティングの前の時間に千葉 幕張のIFEXという花き園芸業界の展示会に。
そして今回出展されているストロボライト社のブースを訪問させていただきました。ストロボライト社は 植物と暮らしを豊かに。をコンセプトに、月間約250万人が訪れる園芸業界最大級のWEBメディア「LOVEGREEN」、累計発行部数100万部を誇るフリーペーパー「Botapii」、お庭のプロデュース・施工を行う「みどりと暮らす“MIDOLAS」の3つの事業を展開されていて、業界ではとても注目されている企業です。
とくに私が素敵に思うのが、代表はじめスタッフ全員の笑顔と活力です。ここの皆さんとお話させていただくと、とても素直な気持ちになれたり、元気と勇気をチャージしてもらえたりします。これからも私たちの業界に澄んだ素敵な風を送り続けてくださり、業界の若き新しい種をより広く世界に運んでくれるものと思います。又右衛門も微力ながら活動を支援していければと思っています。

 

その後、業界の大先輩にご挨拶させていただき約一時間でIFEX会場を後にし、次の地である埼玉へ。乗り換えを行い30の駅を各駅で停まりながら約2時間少々で到着。ここでは来春開業の新施設を訪問。とても興味深いお話を聞かせていただきました。
さらに都内にもどり夕食を食べた後、この日最後のミーティングを東京タワー近くでおこなった。ここでもとてもエキサイティングな時間となりました。

 

更に土曜日は神奈川にて、植物園や公園の活性化の現地視察とミーティング。早々に面白いプロジェクトを手掛けていきたいと思っています。その後再び都内に戻って、新しい施設の訪問をさせていただきました。またそこでは驚くことに最後に会ってから20年近くになる友人にもバッタリ再会できるなど、本当に素敵な1日となりました。


そんなこんなのとてもエキサイティングな1週間は、あっという間に経ってしまいました。
もう頭はこのような感じでパンパンです。

 

来週はどんな日が待ってくれているのかな~~。

また素敵な日となるように整理して準備をしなければ・・・・・

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

今日は新潟県立植物園で開催される公益社団法人 日本植物園協会主催の

15回植物園シンポジウム ふるさとの植物を守ろう 

ナショナルコレクション-貴重な植物を後世に伝える-   に出席のため新潟へ向かった。
まず薄暗いうちに猫たちに見送られ自宅を出発。伊丹空港から新潟空港へと向かった。ただまだ台風の影響が抜け切れずに条件付きの搭乗となった。
搭乗口に向かうと、これが新潟行きの飛行機?と言えば失礼になるかもだが、ほとんどが若い女性で満席に近い状況であった。新潟って若い女性の人気スポットになったのかな?と思っていたらどうやらHeySayJUMPのコンサートがあるらしく、それで飛行機や新幹線も満席であったみたい。
そのような中、悪天候のため条件付きの出発ではあったが、定刻より少し遅れて新潟空港に無事到着。そこからバスで新潟駅に向かい、在来線で新津駅へと向かった。
そうすると今度は、新潟駅でやたらカメラを持った男性たちが多いなと思っていて、そのまま在来線に一緒に乗り新津駅に着くと、こんな列車が停まっていました。

私は、普段あまり電車には興味がないのですが、気がつけば一瞬「なんちゃって撮り鉄」になっていましたそこから送迎バスに乗り、11時ごろ新潟県立植物園に到着。
そして温室を見学し、園内を散策し、とても良い空気を吸わせていただいた。

そしてシンポジウム開催までほんの少し時間があったので、駆け足で隣接するフラワーセンターと美術館を見学してきました。
美術館ではリサ・ラーソン展が開催中で多くのファンが来館していました。
そして再び植物園に戻りシンポジウム会場へと向かいました。
今日の講演は第一部と第二部とに分かれており、どの講演も私にとってはとても勉強になりました。
会場では先日の広島市植物園で開催された総会以来となる日本植物園協会 岩科会長はじめ、広島市植物公園の島田先生や、大船フラワーセンターの榎本園長、以前一緒にTV出演させていただいた兵庫県フラワーセンターの土井先生との再会、また東京農大の大出先生、新潟県植物公園 倉重園長はじめ素敵な方々との新しい出逢いもあり、私にとっては勉強もさることながら、とても素敵な一日になりました。

早速、先生方から本日学ばせていただいたことを今後に活かし、ナショナルコレクション制度をより広く伝えていきたいと思います。

そして再び在来線にのり車窓から見える美しい夕日を眺めながら新潟駅へ到着。最後まで粘った飛行機は、コンサートの影響か満席でキャンセルも出なかったため、今日は帰れず、久し振りに新潟に一泊することに。
せっかくの新潟の夜なので郷土料理でもと思ったが、お酒は頂かないので、一人で居酒屋には入りづらく、それでも「だしかつ」というものだけ気になって

食べてみたくなり、思い切って居酒屋のカウンターへ。そしてぽつんと一人でいただき、逃げるように退散してきました。(笑)

以上。というような植物と食物と真剣に向き合った又右衛門の新潟での一日でした~~。

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

昨日スペインから帰国し、バタバタのまま、JF兵庫県生花 大阪植物取引所にて開催された第一回 大植大感謝祭に参加させていただきました。
今までは週の半ばに植物&資材にて開催されていた展示会でしたが、今回は?今回から?資材と植物が別日程となり、植物はこの週末の土曜日にて開催、仲卸としてパートナー企業である私たちも、このイベントを盛り上げたく出展をさせていただきました。

一部限定販売のご用意をさせていただいたところ、遠くは九州や四国から、とても素敵な方々にお越しいただくことができ、本当に有難く感じました。

またこの大感謝祭は、今までの展示会より、多くの生産者がお越しになられ、
さらに、以前よりわかりやすくなっており、個人的に出展者としてだけではなく、参加者としても楽しませていただくことができました。

また同じ出展者でも、普段お礼を申し上げることが出来ていなかった方々にお会いし、ご挨拶させていただくこともでき、とても良い機会になりました。

そして今回は、今までのお弁当ではなく、バーベキューがふるまわれ、お腹までも満たさせてらえました。

それも率先して焼いているのはこの凄いメンバー。藤原会長、東社長、吉田常務、展示会の仕切り役の赤井さま。さすがにこのメンバーに焼いていただくと、その味は格別でした。

何はともあれ、植物と食物を囲んで笑いが絶えない展示会に、厳しい業界であることも忘れさせていただき、元気をいただけたことは間違いなしでした。

次からどのような企画になるかは、まだ私はわかっていませんが、パートナー企業として、これからもめ―いっぱい頑張って、色んな方々をお呼びするお手伝いをさせていただければと思っております。

また先日、都内のオザキフラワーパークさまで開催されたトークショウで大変お世話になったストロボライト社のキラキラ輝いた素敵な方々もお越しになられて、色々お話をさせていただくこともでき、素敵な時間を過ごさせていただきました。

 

これからも色んな方々と一緒になって、花卉園芸業界を盛り上げていければと思っていますので今後ともよろしくお願いします~~~~。

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

まだ薄暗い早朝にホテルを出発し。バレンシア空港へと到着。
そしてチェックインを済ませ、飛行機に乗り込んだ。

短かったスペイン滞在の余韻に浸りながら、いつものように帰国途中の飛行機の中で、このブログ(又右衛門 スペインへ秋。2018)の最終回を書いている。

 今回のスペイン訪問でも、新しい人や植物との出逢いや再会があり、とても有意義であった。

訪問させていただいたナーセリーでは、いずれも温かく私たちを迎え入れていただき、順調に仕上がっている日本向けの植物を確認することができた。

そして2年ぶりに訪れた展示会IBERFRORA2018でも、出逢いと再会を頻繁に繰り返した。

会場内を歩いていると、はじめてお会いさせていただいた方やFacebookを見ていただいている方など多くの方に「MATAEMON!逢いたかった。」「KANAOKA!よく来てくれた!」などと、とてもうれしいお声を掛けて頂くことができた。

また、私たちの活動を大いに評価してくれたうえで、「日本にはMATAEMONという信頼できるナイスガイがいるよと聞いていた。もっと早く会いたかった。」とまで熱い応援メッセージをいただき、正直涙が出そうなぐらいに嬉しかった。

このような言葉をいただけたことを心の支えにして、これからも素敵な植物を紹介し、日本からも素敵な植物や文化を伝えていければとあらためて強く想った。
そして昨夕、同行メンバーと離れ、独りで路地の一人掛けのベンチに腰を下ろして、今回の訪問などを回想していた。
すると、先ほどまでは、真ん前にありながらも全く気にならなかったベンチの存在が、妙に気になり始めた。

なのでその席に、今回の訪問で出会えた人を思い浮かべ、一人ずつ腰かけていただき、思い返してみた。

あの人から頂いた素敵な言葉、うれしそうに話す声が順番に聞こえて来るような気がして、何と表現したらいいかわからない素敵な感覚に包まれた。

そして最後の一人として、自分自身をその席に座らせて向かい合ってみた。自らを見つめ直すことで、少しは色んな面も見えてきたかもしれないと思う。まだまだできていない事ばかりである。

でも振り返るばかりではなく、しっかり前を向いて進んでいきたいと思う。一生懸命。

そして最後に、目の前にいる自分に「頑張れ!」と声をかけ、双方がその席をたち、それぞれ前へと歩き始めた。

今回も「又右衛門 スペインへ秋」を最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

このブログがアップできるころには、既に日本でまたどこかに向かっているかもしれません。ひょっとしたら皆さんの前にいきなり現れるかもしれませんが、その時は笑顔でご挨拶ができればと思っています。

ではでは~~~~。

| 又右衛門 | 海外情報(海外出張) |

明日は早朝帰国のため、活動日としては実質最終日となる。

朝一番、パートナーであるVIVEROS CANOSのマリアさんに迎えに来ていただき、今日から始まる花き展示会 IBERFRORA2018へと向かった。
1時間弱で到着し、受付を済ませて会場内へと向かった。まずは昨日からとてもお世話になっているVIVEROS CANOS社のブースに向かい、荷物などを置かせていただき、開場前からゆっくり見学をさせていただいた。
IBERFRORA はNO.1ゾーン、NO.3ゾーンに分かれていて、NO.1にはスペインのナーセリーが主に出展している。

そこにはオリーブをはじめとする大型の樹木から、デザットプランツなどスペイン産の特徴ある植物が数多く並んでいた。
中には新しくリリースされるもので興味深いものもあり、じっくり話をさせていただけた。
そしていくつかの新規取引先とお話をさせていただき、お昼にはふるまわれた名物の巨大パエジャをいただいた。
昼からはNO.3ゾーンの小型の鉢花や資材関連を出展するブースを視察させていただいた。
そのようにして、色んな展開をするブースを見学し、再びCANOSのブースに行き、しばしミーティングをしたのち、2日間のお礼と、年明けの出荷と半年後の再会を約束して、開場を後にした。

夕刻、ホテルに到着。いつものお気に入りのお店で最後の晩餐と短かった渡欧の打ち上げを同行チームで行い、各自ホテルの部屋に戻った。

そして私は、しばし一人で夕暮れのまちを歩きながら、この数日間の記憶をなぞり、その名残りを惜しんでいた。

 

さてと、明日は帰国。落とし物、忘れ物をしないで帰らなければ(^^)v

| 又右衛門 | 海外情報(海外出張) |

前回のブログにも書かせていただいたが、昨晩はパソコンを開いたまま、椅子にもたれかかって寝てしまい、深夜 目が覚めそのまま朝までデスクワーク。気がつけば出発の20分前だったので大慌てで、パッキングを済ませ、部屋を飛び出し、駅へと向かった。
駅のCaféでサンドイッチとコーヒーを買って、飲み込むようにお腹に入れた。そしてRenfeに乗り込みカステロンに向かった。予定より少し遅れて2時間少々でカステロン駅に到着した。
そこには私たちのとても重要なパートナーであるナーセリーの方が向かえに来てくれていた。そして再会を喜び合い、早速車でナーセリーの拠点であるヌレスへと向かった。
このナーセリーはデザットプランツと呼ばれるユッカ各種、ノリナ、ダシリリオンやアガベ類をスペインにおいて圧倒的な品質と量で出荷するナーセリーであり、世界中から引っ張りだこである。そして又右衛門を信頼していただき、日本での販売を全て託してくれているかけがえのないパートナーである。

そして30分ほどで到着。
さっそくオフィスにカバンをおいて、植物の仕上がりをチェックするために圃場へと向かった。
このナーセリーはいち早く、又右衛門専用スペース(日本向け植物 管理スペース)を取り入れ、高品質の植物を送り出してくれている。
既にこの中には来年早々に日本にやってくる逸品が入っていた。ブログ読者にはせっかくなので一部事前公開を
まずはこれユッカ ロストラータ ヒドラ このサイズまで大きくなったものはない。最初で最後の逸品であるかもである。
これぞ逸品と言えるノリナ ネルソニー トルネード。息を飲むほど美しいウェーブ。地元ではこのウェーブを私の髪型に似ているということからかMATAEMONタイプとかKANAOKAモデルなどと呼び、人気を集めている。うれしいばかりである。今回限定で注文品として入荷予定。
又右衛門スペースに入る前のものなどを少し紹介。これはユッカ ロストラータ メデューサ 初登場である。ユッカロストラータ ブルー・スワンのマルチタイプ。通常ブルー・スワンは枝分かれしないが、ごく一部枝分かれしたものが現れ、メデューサと名付けての販売となった。後にも先にもこの数鉢になるため入国したら是非見に来ていただければである

ユッカ フィリフェラ 大型のサイズである。これを並べれば城壁ができるほどである。
大きな商業施設やテーマパークでは活躍をしてくれそう。
これはダシリリオン ロンギッシマム いい感じで立ち上がっている。
これはユッカロストラータ ブルー・スワンの少し細いものでスタンダードと呼ばれるもの。通常のブルー・スワンは少し大きすぎるとの声もあり、少し工夫し細目にしあげたもの。価格も抑え、使っていただきやすくなっているかと思うのでご期待ください。
この他にアガベやカクタスなども多くあり、さらに高質な管理場所をかなり拡大しているので今後に期待をしていただきたいと思う。
ただアガベ類は、品質の良さからかなり引き合いが多く、この先2~3年先まで、注文待ちの状況である。また入荷次第報告をさせていただきます。
まだまだいっぱいアップしたい写真はありますがとりあえずはこの辺で。詳しい事はお問い合わせくださいませ~~~。
そして少し遅めのとっても美味しいランチをいただき、資材の購入などを行い、ホテルへと送っていただいた。
そして夜に再集合し、タパスを食べながらディナー会議を行い、時間が許される限り忌憚ない意見交換を行った。

さてと明日はイベルフローラ(展示会)視察。楽しみである。また報告をさせていただきます(^^)v

ではでは、今日はこの辺で。おやすみなさい。

| 又右衛門 | 海外情報(海外出張) |

今日から活動開始。今回のスペイン訪問は、限られた時間のため、毎日がバタバタになるかもですが、いくつかをピックしてアップさせていただきます。

 

まず今日は、毎回訪問時と同様に午前、午後に分けて、日本で代理店をつとめさせていただいているナーセリーを見学した。

まずは午前中。朝、ホテルに迎えに来ていただき、早速契約しているナーセリーに向かう。
このナーセリーは樹齢約1,000年のオリーブからポット苗までを扱うかなり大きなナーセリーである。
到着するとまずスペインのキジが迎えに来てくれた。そしてオフィスにて新体制になったチームの皆さんと挨拶させていただき、来年日本に来る予定のオリーブの生育状況確認と今後の取り組みについてミーティングをした。
テーブルディスカッションを終えて早速、又右衛門スペース(日本向け隔離栽培スペース)にある来年出荷のものの確認をした。このスペースは、地面と接点をなくすことで線虫の侵入を防ぎ、ネットによって害虫の飛来を抑制することで、より良い状況で植物に日本へ来ていただくために増設していただいたものである。通常の工程に、このことを付加することで、日本に病害虫が来る確率を激減させることへつながっている。ただ何事もパーフェクトはないので今後ともさらに技術力を高め良き施設にしていければと思っている。まずはテーブルオリーブ。順調に生育している。このボリューム感でこの低さのものは稀少である。良い仕上がりである。
昨年直ぐに売り切れたSafari。来年度は少し大きめであり、値ごろ感も良い提案ができると思うので、人気が出るのではと思う。
そしてわずかの限定数のみ入荷している高地にて育ったピレネー。比較的低温にも強く、枝の動きもあって面白い。この他にも樹齢300年のものなどをチェックしてきた。
この他にもスタンドタイプのものや、ちいさなものもあり、色々視察。ただ日本の国内産であるものは、価格だけの競争になるので控えたいと思っている。そして色んな圃場を視察。気がつけばタイムリミットとなり、視察を終えることとなった。この視察では深刻な病気など一切発見できず、安心して次の目的地に向かうことができた。
スタッフの皆さん。ありがとうございました。荷物の到着を楽しみにしています(^^)v
午後からは付き合いの一番古いナーセリーを訪問。私がスペインからオリーブを輸入するきっかけとなったナーセリーである。このナーセリーは、親子兄弟で経営をしているためとても安定をしているのが特徴である。
比較的大きなオリーブを特徴としている。最近では中国からの依頼も多いようで、盆栽のように仕立てたものが多く並んでいる。
その他にフィカスなどもあり、興味深いものもいくつかあったのでチェックをいれて、午後の視察を終えた。
明日は早朝に出発のため、アリカンテ駅近くのホテルに移動。
その後夜にセッティングされたミーティングまでの空いた時間に街歩きをしながら植栽などをチェック。

そしてミーティング終了後、深夜このブログを書いていると机を前に、椅子にもたれて眠ってしまい、早朝、書き足しています。さて今日は電車で移動。今からパッキングしていってきます(^^;)

大慌ての又右衛門です(^^;)

| 又右衛門 | 海外情報(海外出張) |

Page 1 of 11
このページの先頭へ