四代目又右衛門の頭の中を書いたブログ

今日は専門委員として所属させていただいているテラプロジェクト主催のみどりのサンタフェスタに参加させていただいた。

赤いサンタクロースは主に122425日のクリスマスの日に活動をしていますが、みどりのサンタは、地球のこと、環境のことを考え365日活動するという素敵な取り組みである。

そしてその活動を国内外でより広く伝播させるために、又右衛門が「みどりのサンタ アンバサダー」をつとめさせていただいている。今まで日本各地はもちろんシンガポールなどのアジア圏、ヨーロッパ、アフリカでも活動をさせていただいてきた。そして今回はその本拠地である大阪で活動をさせていただいた。
24日も色んなイベントが開催され、午前中は「みどりのサンタウォーク」として、メンバーや市民とともに一緒に大阪のまちを歩きながら、みどりの大切さを感じようというものである。そして今回も多くの人が参加をしてくださった。

まちを歩いている間、多くの方から注目され、いろんな方からお声掛けいただいた。

色んな場所を訪問させていただき、大阪の街を地面から上部から見ることができた。

またウォーク中は、この大阪のまちの発展に寄与され尽力されている要人の方々とディスカッション、みどりとまちづくりの意見交換をさせていただくことができた。

いよいよ来年着工の「うめきた地区」、「IR誘致」さらに前夜 歓喜の渦に包まれた「OSAKAKANSAI EXPO」についてなど、ディスカッションを行うことができました。どの大きなプロジェクトにも「みどり」は不可欠であるという認識は一緒でしたが、又右衛門は、それでは不十分で「健康なみどり」が必要不可欠であることを強く主張させていただき、多くの方に共感していただくことができました。

 

また大阪・関西万博の「いのち輝く未来の社会をデザイン」の達成には最先端の技術だけでなく、リアルの健康なみどりとの両方がうまく絡み合うことが必要と考えるため、是非今後も多くのメンバーと共に力を合わせ、手をつなぎ、さらに積極的主張をしていきたいと思っている。さらに又右衛門が十数年来取り組んできた、野菜の有機栽培を応用した植栽管理法で育った健康な植物が「まちづくり、ひとづくり」に役立つ場面がきたと、

多くの研究者の想いを活かす機会が目の前に迫っていることを実感することができた。

そして午前中で「みどりのサンタウォーク」を終えて、ベースである「うめきた」に戻り、ランチをいただいた後、いろんな植育、食育などさまざまなイベントにも参加・見学をさせていただいた。
特設コーナーではとても活躍されている「花結い」イベントもあり、親子の喜ぶ顔が印象的であった。

今回のイベントは天候に恵まれ、汗ばむほどの陽気であった。そのような中、色んな立場の多くの方とお話ができ、様々な声を聞くことができ、「みどりの必要性」についての意見交換ができ、大阪・関西のまちづくりについてディスカッションができたのは、とても有意義であった。

又右衛門は、これからも引き続き「みどりのサンタ アンバサダー」やその他の機会を通じて、宝塚や大阪など関西をはじめ、日本の各地の素晴らしさをより広く、世界に向けて発信していきたいと思う。そして前日の広島での「バオバブの命を繋ぐプロジェクト」などのような機会を通じて、世界各地の素敵な植物やそれらとの取り組み、また植物からのメッセージを日本に伝えていければと思う。


「世界の感動を日本に。日本の感性を世界へ。」をモットーに・・・。
植物と大地への尊厳の念を強く持ち、植物の「生」へのこだわりを第一に
・・・・・。

地球と人、植物を力いっぱい愛することができる次世代を育むために・・・・・

 

※写真のブログでの掲載は許可をとっております。

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

22日午後から地元宝塚での重要な打ち合わせを行い、会議終盤一足先に会場を退出させていただき、電車に飛び乗り新幹線で広島へと向かった。
今回は922日から1225日までの間、広島市植物公園で開催される特別企画展の見学と、23日開催の進化生物学研究所 理事長&所長である湯浅浩史先生の特別講演に伴い、同研究所の客員研究員として又右衛門も参加させていただくためである。

 

22日の夜到着後、植物園有志の方々と久しぶりのディナーミーティングを開催させていただき、バオバブ&植物談義で大いに盛り上がり、互いに研究を深めることができた。
そして23日朝、植物園に湯浅先生と共に到着。まずはバオバブ展 会場を見学させていただいた。
会場には多くの掲示物や、滅多に見ることができない物が数多く展示され、素敵な展示会が出来上がっていた。

会場内に入ると、遥かオーストラリアから広島市植物園にバオバブが来ることになった経緯や、その取り組みなどがわかりやすく書かれたものが展示されていた。

奥のビデオコーナーでは、バオバブを現地で掘り上げる作業や広島での植樹作業などが前半・後半に分かれて放映されている。そのビデオは約30分間あるのだが、多くの方が熱心に最後まで見ている姿を後ろから拝見させていただいていると、広島の方々のバオバブへの関心の高さが実感でき、本当にうれしく思った。
その他には、バオバブについての文献も多く掲示されていて、私も気づかされることが多いぐらいとても価値ある展示である。

中には、日本では中々見ることができないバオバブの写真や、葉や実の実物など貴重な展示物もあり、多くの人が食い入るように見ていたのが印象的であった。

他には芸術品といえるバオバブの加工品なども多くあり、一つ一つ見ていると時間を忘れるぐらいである。
そして会場出口近くのコーナーに設置されたノートに目をやると、そこに残された言葉に涙がこみ上げてくるのを感じた。

また、昨年マダガスカル視察に同行させていただいたが、その折に一緒だった方々と久しぶりの嬉しい再会。

その後バオバブ展会場をでて、大温室へと向かう。
そこにはしっかり根を張りはじめ、葉を茂らし始めたバオバブが元気にそびえ立ってくれていた。

市民からの公募で選ばれたバオバブの名前は「バオーン」。小さなお子様が素敵な名前をつけてくれていた。きっと小さなお子さんの眼にはこの日本一大きなバオバブが大きな大きな象さんのように見えたのであろう。この名前を呼んでいただきながら皆さんに愛され一緒に広島で暮らしていくバオーンは、きっとしあわせだと思う。

 

 

大温室視察後、バオーンに見送られ、再び展示会場へと戻り、午後からの湯浅先生による講演「巨木バオバブその謎と実情」に参加させていただいた。
講演には約150名の方が来られ、湯浅先生の功績の高さを実感。

200枚のスライド、1時間30分の長めの講演であったが最後まで皆さんが集中されて聴かれており、ここでもまた多くの方のバオバブへの関心の高さを実感することができた。

 

講演終了後は、多くの人にお声掛けいただきながらも新幹線の時間があるため後ろ髪を引かれる思いで急いで会場を後にさせていただきました。

 

そして湯浅先生と新大阪までご一緒させていただき、その間新幹線内で、今後の研究の進め方や今後の取り組みなど途切れることもなく最後まで話をさせていただき、貴重な時間となりました。
今回の訪問は、限られた時間しかなかったのですが、「バオバブ君の命を救い、そして広島まで導いてくれてありがとう。」や「ご苦労様」などのお声掛けをいただき、また多くの方から「ありがとう」と言っていただき、本当にうれしく感じました。

 

 

また私たちの活動に興味を持っていただいた方もいらっしゃり、「命を繋ぐプロジェクト」を広島でも何とか無事達成できたことの喜びと、このようなプロジェクトの存在意義をあらためて感じることができました。

ただこの広島でのプロジェクトも終わった訳ではなくまだまだ第一段階。ここから多くの人びとと様々なプロジェクトを創り上げ、各地の植物園と手をつなぎながら、拡げていくこと。それが植物による国際交流につながり、そこから互いの「まちづくり」「ひとづくり」へと繋がっていくと信じています。

 

あらためてこの「命を繋ぐプロジェクト」を又右衛門に任せていただけたこと深く感謝いたします。そしてご協力ご支援いただいた皆さんに感謝です。そして何より私たちを繋いでくれたバオバブくんに感謝です。
バオーン! 本当にありがとう。また会いに来るね(^^)v

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

朝一番、肌寒い宝塚を出発。飛行機で都内へと向かった。

朝焼けと窓から見える雲を眺めながら、何だか良い日になりそうな気分で羽田へと向かう。午前中はとても大事な場所にある植物の状態チェックを行い、元気に育っているのを確認してホッと胸を撫で下ろし、その後久しぶりに大田市場へと向かった。

早速お世話になっている市場を訪問し、来年度の取り組みなどを話させていただいた。ひょっとしたら面白い取り組みができるかもなので都内の方々には乞うご期待である。

その後、監事をつとめさせていただいている全国花卸協会の理事会に出席させていただいた。
主な議題は来年の通常総会と、市場法改正に伴う仲卸の姿勢などである。現状でも厳しい環境であるので今回の改正をきっちり把握し、取り組んでいかなければならないため、いつもにもまして議論が交わされた。

その後、大田市場から浜松町 メルパルクに移動し、日本花き卸売市場協会との情報交換会に参加させていただいた。私たち仲卸は市場との協力関係がしっかりできていなければ、双方とも運営が厳しいため、それぞれの置かれている状況を踏まえての意見交換となった。やはりここでも主に市場法改正に関する考え方や深刻な人手不足、花き需要拡大などについて議論になった。その後懇親会が開催され、食事をいただきながら忌憚なく、お話をさせていただくことができた。

今まで業界をあげて需要拡大に向けての活動はなされてきているが、残念ながら下げ止まりまでが限界で緩やかには厳しさを増している状況である。そして深刻な人手不足が控えている。そのような中、急遽暖簾を降ろすことになった仲卸があったことなどを聞かされ、協会の理事会メンバーとして、仲卸事業が主である経営者として、自らを見つめ直しながら、業界の状況を把握し、今後に向けてしっかり取り組んでいかなければならないとあらためて感じる日となった。

そしてバラエングループとして、同業内での競争でなく、しっかり共創をしていきたいと考える。みんなの手で・・・。

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

先週は、宝塚商工会議所 経済活性化常任委員会や、大阪青年会議所のセネター会、テラ・プロジェクトなどNPO活動が多く、進行中のプロジェクトも重なり相変わらずバタバタの一週間であった。

そして週末には又右衛門の重要な年間行事の一つであり、締めともいえる参拝のため、出雲へ向かった。

 

 

私は、出雲大社で執り行われる「神迎祭」「神在祭」の時期にあわせて、崇拝させていただいている神々への御礼とご報告のためにまいらせていただいている。そして本年も同様に訪れさせていただくことができた。

 

今回も一昨年、昨年同様に車で向かうことにした。一週間前の予報ではかなりの悪天候とのことだったので、ひょっとしたら数年前のように神事の一部が中止になるのかなと思ったが、出発時には、温かくとも雨は降らないかも、というところにまでなり、比較的軽装備で向かうことにした。



出発時は晴れ間もあるぐらいの天気ではあったが、そこはさすが海外でレインマンと呼ばれる又右衛門だけあって、大山通過時にはかなりきつい雨となった。「やはり今回も・・・」と思いつつ大山を横目にみながら車を走らせたが、

出雲に着いた時には、さっきの雨は何だったかと思わせられるぐらいに晴れあがっていた。

 

 

実は又右衛門が神事などに向かうときにはよく雨が降る。

それも結構な強い雨である。さっきまで晴れていたのに今の雨はありえないという感じで遭遇する。ただ有難いことに、現地に着き、何かを始めようとする時には、多くの場合、雨は上がってくれる。

そして今回もそのようになり、土日に繰り出した多くの人とともに、

無事に参拝をさせていただくことができた。

まずは須佐之男命が主祭神の須佐神社を参拝させていただいた。私が崇拝し、出雲を訪れる時はほぼ毎回参らせていただいている神様である。

 

拝殿にて1年間の御礼と今年も参拝させていただけた御礼を伝えた後、昨年授かったお札をお納めし、また新しいお札を授かることができた。そして素敵な空気漂う境内を深呼吸しながら周り、御神体に向かい同様の御礼と、境内の大きな杉の木(大杉さん)に触れさせていただきパワーをいただくことができた。

さらに近くを流れる須佐川の水にも触れさせていただくなど毎年変わらぬルーティーンのような参拝ができ、ホッとするような嬉しいような気持ちになることができた。
その後おやつ代わりに、境内近くにあるお気に入りの「須佐屋」さんで、とても美味しい油揚げとお豆腐をいただき、身も心も満たされた気分になることができた。とってもおすすめです。ちなみに油揚げ200円、冷奴100円ですからびっくりします。

その後朝山神社を参拝させていただいた後、大社方面へ向かい、少し遅めのランチに、本場の出雲そばをいただこうとしたら、売り切れのお店もあるほど多くの人が出雲に集まってきていたようです。

その後、神迎神事が執り行われる稲佐の浜と向かい、並んで授かった御幣を手に、厳かな神事に参加させていただきました。その後、神楽殿では神迎祭が行われました。

翌朝、朝一番から大社本殿参拝の後、素鵞の社をはじめ上の宮など摂社末社を参拝させていただきました。

その後は実は昨日にやり残した感もあった稲佐の浜を再び訪れ、昨晩、浜から神楽殿に向かう際に神々が通った参道を、色んなことを考えながら、なぞる様に歩かせていただき、色んな気づきを得ることができたように思います。

その途中では出雲の龍山窯の焼物を拝見させていただき、素敵な焼物とのご縁もいただく

ことができました。

そうして、出雲を後にし、宍道湖、松江を経由し、予定時間を少し超えながら、宝塚へ無事帰ることができました。

 

今回の神事は土、日であり、温かく天候に恵まれたのもあったせいか、神迎だけでも1万人以上の人出があったとのことです。八百万とまではいきませんが、本当に多くの方が出雲に集まられて素敵な時間を過ごされたかと思います。
私もこの多くの人出の中から、何の約束もしないのに不思議に毎年出逢う方と今年も再会ができたり、新しい方や物とのご縁をいただけたり、さらに同行いただいた方々から大切な時間をいただけたり、本当に素敵な参拝になりました。
それもこれも今までお導きいただけている八百万の神々、支えていただける皆様、快く送り出してくれているスタッフの皆さんのおかげです。ありがたさが身に沁みます。


おかげさまでまた1年はりきっていけそうです。そしてきっと一回り大きくなった姿で胸を張りながら頭を垂れ、来年も参拝できるように頑張りたく思っております。
ご縁をいただきました皆様に本当に感謝です。あらためて感謝です。

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

今日は、京都 桂坂 しらかば自治会 30周年記念事業として開催された

植樹祭~みどりのサンタの「植」・「食」、「健康」イベントに、講師としてお招きいただき、参加してきました。

朝一番に出発。予定時間より少し早く現地に到着。又右衛門にしては青天のため、公園でワークショップを行った。

 

公園には、小さなお子様から、人生の大先輩である自治会役員の皆さままで幅広い年齢層の方々が来られ、その中で行わせていただいた。

最初に、又右衛門の簡単な自己紹介や活動をお話させていただいた。

続いて「地球に木を植える」として、地球や人・動物に優しい有機での植栽管理の考え方をお話させていただいた。現代の化学農薬や化学肥料による管理に問題を感じている人も多く、興味深く耳を傾けていただくことが出来た。

そして早速、植樹の行程を全てご覧いただく事とし、地球を汚さない植樹の下準備であり、とても重要な土づくりを目の前で実演させていただいた。今まで見ることがなかったであろう私たちの植栽方法に、多くの人が興味深げに覗き込んでいた。

参加した子どもたちは、有機である必要性はまだ理解できないかもしれないが、土を触ることの楽しさや、私たちの植物の命への考え方などは、少し感じていただけたように思う。

そしてワークショップを終えた後、皆さんで植樹式を行わせていただいた。その後

長年この公園の草刈りなどを率先して続けて来られた方が「街の守り人」として表彰され、多くの方から感謝の拍手が送られていた。
さらに最後には、参加者全員にオリーブの小鉢が配られ、皆さんそれを手に、笑みを浮かべてそれぞれの家路につかれていった。その姿を最後まで見送ったその時、今回の植樹式は双方にとって、とても意義深いイベントであったと実感できた。

 

今回、自治会の名前にちなんでこの公園に植樹された白樺(ジャクモンティー)を、みんなの手で育てることによって子どもから高齢者まで多くの人が公園や植物に今まで以上に関心を持ち、さらにその輪を拡げることが出来たなら、そのこと自体がきっと素敵なまちづくりとなる。そして、そのようにして育まれた素敵なまちこそ、素敵な人を育むことが出来るのだと思う。


そのような機会に参加させていただき、本当にうれしく思っています。これから皆さんに愛され育つ植物、植物に見守られながら暮らす方々

再び会えることが本当に楽しみです。
そして最後になりましたが、自治会の役員の方が又右衛門に素敵な陶器を焼いてプレゼントしてくれました。とっても可愛らしい。 凄い腕前にびっくりです!


ありがとうございました~~~~。大事にします(^^)v

 

 

 

※写真のブログでの掲載は許可をとっております。

 

 

下記は当日プログラムです。

*******************

しらかば自治会 30周年記念事業 

植樹祭~みどりのサンタの「植」・「食」、「健康」イベント

 

主催:しらかば自治会(京都)

協力:一般社団法人テラプロジェクト

有限会社薔薇園植物場 

 

●イベント概要

開催日時:20181110日(土)1030分~15

開催場所:しらかば自治会館(自治会役員は、9時~)

 

■プログラム

みどりと健康

~人と街の健康を考えたまちづくり 「植」・「食」、「健康」イベント~

●第一部「人の健康、心」

人の健康(心)~昭和を語ろう

ワークショップ(心)心の健康~読み聞かせ会、昭和を語ろう!

              <回想法>高齢者を対象とする、認知症対策

 

●第二部「植育のすすめ~心と身体の健康のために」

小林昭雄(大阪大学名誉教授/一般社団法人テラプロジェクト)

「スーパーフードの紹介」

木村泰裕(大阪大学/一般社団法人テラプロジェクト) 

     「スーパーフードを食す」

宮本圭子(大阪大学)

 

●第三部「まちの健康と美のために」

講師:四代目金岡又右衛門(大阪大学産業科学研究所共同研究員/バラエングループ代表)

 「地球に木を植える〜植樹のための土づくり〜」

 

●植樹祭(しらかば自治会主催)

「街の守り人」表彰 白樺植樹

 

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

5日は以前から私たちの植物との活動をご理解いただいている小野なおみさんと馬場千代さんにお越しいただいた。小野さんはクリエイティブ・デザイナーであり、イベントやアーティストのプロモーションも手掛けられ幅広く活躍されている。

初めての出逢いはちょうど1年前に開催した「うめきた」でのみどりのサンタと1000年オリーブのイベントである。その時がお付き合いのはじまりである。

 

その時、植物につなげることで、その植物固有の波を拾い、音にするというユニークな機器を持ち込まれ、実際に樹齢1000年のオリーブにつないでその音を聞かせていただき、私をはじめ多くの人が驚き、関心を持ったことが記憶に新しい。

そしてあれからちょうど1年。様々な植物音を採集されるとの事で弊社へお越しいただいた。
まずはとてもユニークな形のパラグアイ産まれのチョリシアに繋いでいただいた。繋いでからしばらくして、何とも言えないまるで宇宙の音のようなものが聴こえてきて、別世界の雰囲気に包まれた。

その後1000年オリーブや、オーストラリアからのグラスツリーやディクソニアなど色んな音をとっていただくことができた。いつか、植物からのメッセージを受け取ったり、多くの植物が一斉にハーモニーを奏でる「森のオーケストラ」を鑑賞できたりすれば素敵だな~と感じた。


また6日にはクリエイティブ・ディレクターの三嶋さまとお会いさせていただき、植物の話や、三嶋さまの作品のお話をさせていただくことができた。



その中でご紹介いただいた作品の独特な世界観等には様々なものが見え隠れしたり、良い意味で心をえぐられるようなものもあったり、とても魅力的だった。

本人の了解を得ていないので作品などのアップは控えさせていただくが、そのうちに・・・

作品の中には植物が使われているものもあり、まるで植物目線で見た世界のように感じることができた。

 

先日から植物を通じ、多くの個性的かつ日本を代表するような方々とお会いさせていただくことができ、植物からの様々なメッセージも預かることができたように思っています。

植物に本当に感謝です!!!

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

昨日は、昼に甲南大学での委員会が終了、夕方には大阪市内へ移動しました。

そして世界で名を馳せるJUNICHI氏の想い、作品に触れるため3日から開催の二人展&パーティーにいってきました。※JUNICHI氏略歴は文末に。

JUNICHI氏は8歳で個展を開催、デビューし、10歳の時にはアメリカ マンハッタンで個展を開き、当時アメリカ大統領をはじめ、世界中の多くの人を驚きの渦に巻き込んだのを記憶している人も多いかと思います。そして今回JUNICHI氏と私は、あることに共通するものを感じ、紹介によってはじめて出逢うことになりました。

少し早めに着いた私は、「おおきに老松通りビル」に描かれた素敵な壁画を、JUNICHI氏に直接案内していただきました。

何の話をしていたかは説明を試みると長くなりすぎると思いますので、ここでは控えさせていただきますが・・・。案内していただいている間やパーティー会場では共通の話題が多くあり素敵な時間を過ごすことができました。

 

また出席者の皆様やビルのオーナーやお取引先様と魅力的な話もでき、とてもいい時間となりました。

パーティーには、嘉門達夫さんが笑いを届けてくださり、とても活気のある会場となりました。

また帰り際には、フォトグラファーの糸川燿史さんとお会いすることもでき、お写真もご一緒でき、素敵な一日になりました。

今後は、共通に感じられるものから未知への創造をできればと思ったりしています。

 

 

 


乞うご期待!!!

 

JUNICHI 氏 紹介

8歳の時、大阪中津カンテ・グランデ・ギャラリーで初個展を開催。10歳でアメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタンにて個展[Jun-ichi and Friend]を開き、当時アメリカ大統領をはじめ多くの人を驚きの渦に巻きこみ、一躍脚光を浴びたのは、まだまだ記憶に新しい。

 

 20053月長野で開催されたスペシャルオリンピックス冬季世界大会のサポートアーティストを15歳で務めたり、20079月ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)に日本人アーティストとして選ばれたりするなどその才能はあまりにも非凡。

 

個展は1111(11時~18)まで大阪市北区西天満4-11-8おおきに老松通りビル2階おおきにギャラリーにて。

 

1116日~24日は東京都世田谷区代田6-6-1

ユニゾ下北沢SMART SHIP Gallery3階にて開催とのことです。是非!

 

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

甲南大学の評議員と父母の会の委員をつとめさせていただいているため大学へ。
今日は委員会に出席のための訪問だが、学園祭の期間中で学園内は大変賑わっていました。

委員会は新校舎であるKONAN INFINITY COMMONSで開催されました。

新しくなった校舎は、とても素敵でカフェやコンビニもあり又右衛門も通いたくなりました~~。
委員会終了後 理事長と学園長に労いのお言葉を頂戴し、一緒に委員をさせていただいているメンバーと写真も撮っていただきました。

来年は学園100周年。又右衛門として協力できることがあれば積極的に取り組めればと思っています。

さて夕方からは、また違う会場へ。急がねば・・

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

今日は、阪急宝塚駅前 夢ひろばにて宝塚商工会議所 女性会主催の「宝塚 秋の花いっぱい運動」が開催されました。
春と秋に開催されるイベントで、私たちも協力の機会をいただいています。
会場は、宝塚商工会議所 女性会の素敵な方々と元気いっぱいの新鮮なお花で、とても華やかな空間になっていました。 

10時販売開始前から、多くの方がお越しになっていました。

私は次の予定があり、どうしても販売開始とともに移動をしなければなりませんでしたが、その後の連絡によると、お花は販売開始早々に完売になったとのことでした。

 次回も引き続き、イベントが開催され、多くの方々に喜んでいただければ素敵ですね~~。

又右衛門も女性陣に負けずに美しく頑張ります!!!(笑)

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

Page 1 of 11
このページの先頭へ