四代目又右衛門の頭の中を書いたブログ

マダガスカル ナショナルデー レセプションの翌日は、千葉大学において花葉会が主催するサマーセミナー&交流会に参加させていただいた。

 

 

私は、花葉会のセミナーへの参加が初めてであり、場所も少し迷いながらの開会前の現地到着となった。

 

セミナー会場に到着し受付を済ますと、ずっしりと重い資料を渡され、セミナー室へ移動、そして定刻にセミナーは開催された。

 

 

今回の花葉会サマーセミナーは、「東京オリンピック後の花・緑産業の未来を考える。~植物を介した健康、街づくり、人づくり~」がテーマで、興味深いテーマのため参加をさせていただいた。

 

セミナーの講師陣6名と各題目は下記の通り

 

●「花壇活動が人を街を変える~自治体や地域住民が求める植物とは~」

千葉大学環境健康フィールド科学センター 渡辺 均教授

 

●「住民参加型の花壇活動の推進」

東京都葛飾区環境部環境課 課長補佐 早坂幸一郎氏

 

●「植物セラピー効果とその活用法」

千葉大学大学院 園芸学研究科 岩崎教授

 

●「都市緑化における花と緑の多様性と可能性」

(株)日比谷アメニス 景観環境二部主任 水野 妙子氏

 

●「緑化ビジネスの新潮流」~今、お客様が求められているキーワードとは?~

(株)パーク・コーポレーション parksERs ブランドマネージャー 梅澤伸也氏

 

●「屋内メンタルヘルスケア緑化における様々な可能性」

~LED照明、ハイドロカルチャーの可能性~

(株)プラネット 代表取締役 大林 修一氏

 

以上の内容で各人約1時間の講演となった。それぞれの方々による特色ある講演は、

新たに学べたこと、自分の考えが検証されたものなど、役に立つ内容であり、

資料もしっかりいただくことができ、満足できる内容であったと思う。

 

更にその後の交流会では、講師をつとめられた方々や参加者の皆さんと情報交換をさせて

いただくことができた。そしてその話の中でもやはり良く取り上げられたのは、昨日の都内

であった企業とのミーティングでも取り上げられた内容と同じで、今は環境配慮やSDGs、

トレサビリティーの明確化は当たり前であり、それに意識がまだきちんとできていなけれ

ば花き業界や企業は問題であり、今後は厳しいであろうと・・・。私と思っていることと同

じであった。

 

また他には、普段の私たちの取り組みに関心をもっていただいた方から支援や協力の

言葉をいただけたり、学生と話させていただく機会もあったり、実りのある1日となっ

た。

 

そこで特に重要だなと思ったのは、解らないもの知らないものについては、自分の肩書など

関係なしに、たとえ相手が教授であっても学生であっても、勇気を出して、見栄を張らずに

聞くことができるかどうかであるということだった。これからも多くの人から学ばせてい

ただきながら、多くの人に大切なことを伝えていければと思う。

 

 

それとあと一つ嬉しかったのは誰とは言えないが、地球と人との関わり合いに対して同じ

問題意識を持ち、今後はどのように進んでいかなければならないかを考えている人

がいたことである。純粋に嬉しかった。

 

いつかその目的に向かって一緒に取り組んでいくことになるかもしれないという、

嬉しい予感も感じさせていただける素敵な1日となった。

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

今日は大事なミーティングとイベントがあり、G20で警備が強まる伊丹空港から朝一番の飛行機で都内へと向かった。

 

 

午前中はまず超大手である不動産や開発を行っている企業でのプレゼンの機会をいただき集中したとても良いミーティングができた。内容についてはここでは書けないが国際ルール遵守や環境配慮はもちろんのこと、国際的な活動やデザイン性、学習プログラム、さらに多岐にわたる異業種とのネットワークを高く評価いただき、今後に大いに期待するとのありがたい言葉もいただけた。

 

そして夕方からはマダガスカル共和国の独立59周年記念レセプション(マダガスカル共和国の独立記念日は6月26日)へ招かれ、さらに私たちの「みどりのサバイブプロジェクト(木彫り)」の紹介をする機会までいただけたので、会場であるホテルオークラ東京へと向かった。

 

集合時間にはすでにブースで出展される方々はお越しになられており、初めて出展の私たちは、ご挨拶をさせていただきながら、準備を始めた。そして間もなく私が客員研究員をつとめさせていただいている進化生物学研究所の橋詰さんが到着されたので荷物を運び引き続き準備を行った。

 

その後しばらくして隣で出展されるマダガスカルの文化・人類学の権威である深澤教授も到着され、一緒に準備を行わせていただき、レセプション開場前には全てのブースが準備を終え、来場者を待つばかりとなった。

 

 

しばらくして開場。多くの方がお越しになられ、入場されていく。そして一段落がついてきた最後の方で私も皆さんに続いて会場入りをさせていただいた。

 

 

入り口では駐日マダガスカル特命全権大使ラクトゥマララ閣下が出迎えてくださり、あらためてご挨拶をさせていただき会場内へと進んだ。

 


しばらくしてラクトゥマララ大使閣下による希望溢れる力強い挨拶で会がはじまり、来賓の方々の挨拶、そしてケーキカットが執り行われ、レセプションはとても融和ムードと活気の両方が満ちあふれた中、進行されていった。

 

私はレセプション会場とブースを行ったり来たりしながら、普段からとてもお世話になっているJICAの方々をはじめ多くの方々からご指導をいただいたり、情報交換させていただいたりすることができました。

 

またブースには各国大使閣下や政府関係者もお立ち寄りくださり、私たちの活動をご評価いただき、興味深いお声掛けもいただくことができました。

 

 

そうこうしているうちに2時間はあっと過ぎてしまった。最後に今回のレセプションや出展などで大変お世話になった大使秘書官の半田様と写真を撮らせていただき、今後も協力させていただくことを約束して、盛大に執り行われたマダガスカル独立59周年レセプションは終わった。

 

今回このレセプションを通じて強く感じたのは、ラクトゥマララ大使閣下の皆さんへのお心遣いである。ブースで飾り付けさせていただいている時から、再会の喜びと慰労の言葉を直接かけてくださった。

 

さらに要人が多く来られている多忙なレセプションの中にも関わらず、弊社が通訳として同行した学生とも一緒に写真を撮ってくださるなど、お気遣いの気持ちを大変ありがたく感じた。本来そのように厚かましいお願いは大変失礼であったかもしれないが、それを受け入れてくださった笑顔は、将来を担う学生に、素敵な心を受け付けることになったと思っています。

 

 

まさにマダガスカルの美しい豊かな自然と温かな人々を代表して来日されている方だということをあらためて感じました。私たちの学生以外にも多くの学生ボランティアの方々が参加されていたが、きっとその学生たちの心の中にも、しっかりしたものが芽生えた機会になったのではないかと思う。本当に感謝である。

 

同時期に私の地元大阪はG20で重要な会議が進められ世界中の注目を集めていた。しかし、このレセプション会場においてもパートナーシップやお互いを思いやる温かな気持ちの芽生えという、大切なものが若い世代に芽生え、近い将来、世界を動かす力につながっていくことになるのではと感じることができた。

ラクトゥマララ大使閣下はじめ多くの皆様には、本当に素敵な機会をいただき感謝である。

マダガスカルが代表する豊かな自然と文化、人々が溢れる素晴らしい国であり続けるために、「みどりの力」でお手伝いをしていきたいとあらためて感じることとなった私にとっても特別な記念日となりました。

 

 

来年の独立60周年が本当に楽しみである。その時にも呼んでいただけるように、世界に対し恥じない活動をしていかなければ・・・・・。

 

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

先週の腰痛もブロック注射のおかげで随分楽になり、少し痛いことを除けば、何とか靴下も自分で履けるし、歩くことにも問題ない。むしろ長時間 椅子に座っている方が苦しい感じであるぐらいまでに快復してきた。若い証拠かな?(笑)

 

そのような中、週初めは大阪にてデスクに向かい、夕方からは今までお世話になっていた甲南学園の行事に連日参加させていただいた。

 

 

24日は父母の会。委員のメンバーの皆さんととても楽しい時間を過ごさせていただいた。

そして本年度の会長から感謝状とお花をいただき送り出していただいた。

 

実は本年度会長は、大阪青年会議所時代に私が委員長を務めさせていただいた人間力開発委員会のメンバーとしてお世話になった方である。

 

十数年経った今、またその時と同じように送り出してもらえることに不思議な縁を感じた。会長だけでなく、父母の会にて一緒に活動させていただいた皆様本当にありがとうございました。

 

そして感謝状と素敵なブーケありがとうございました。花関係の仕事の私には、少し渡しにくそうにされていましたが、私は中々お花をもらう機会がないため、とっても嬉しかったです~~~。実は誰よりも私が喜んでいたかもです。

 

 

 

そして25日は 甲南学園の評議委員会に出席させていただいた。いつものように張り詰めた空気の中で、真剣に議事を進めていくことは、大阪青年会議所時代の理事会に似ているところもあり、懐かしさもあり、毎回勉強になった。特に教授や職員などからの視点や大企業のTOPの方の意見など学べるところが多かった。このような機会をいただけて理事長をはじめ学園の皆様には本当に感謝である。

 

 

そして評議員会の閉会時に、今回が最後になる父母の会会長の嶝様と私に、一言挨拶の機会を与えてくださり、今まで四年間発言ができなかった分、「私の植物への想いと植物の役割」についてお話をさせていただいた。

本来であればさらっと短くするのが礼儀ではあると思う。おまけに元来、人前で話すことが苦手な私なので、「お世話になりました!」と簡単に終わらせるのがベストであったかもだが、日本を代表する企業の方々や、将来の日本を担う学生たちに学びを提供する教職の方々に対し、植物の素晴らしさや植物からあずかったメッセージを伝える絶好の機会と思い、掟破りの長い挨拶をしてしまいました。申し訳ございませんでした。

 

しかし部屋を出るときには多くの方がお声掛けくださったり、大先輩から支援の声をいただけたり、このような私を受け入れてくださり、皆様方の温かさを感じさせていただくことができました。

四年間、本当にお世話になった。ここでの経験を活かし、さらに前へ向いて進んでいきたいと思います。

私は卒業になりますが、甲南学園創立100周年記念に植えられた樹齢約100年のオリーブは、きっとこれからも人と人、街と街、国と国を繋ぎながら、創業者 平生先生の建学の理念である「世界に通用する紳士・淑女たれ」を実現するために学び、そして巣立っていく学生を見守り、送り出していってくれると思う。

 

そして私もこの学園でお世話になったことに恥じぬよう社会的にも認められる人になれるように日々学んでいきたいと思います。

本当にありがとうございました。またお会いできますこと楽しみにしております。

 

 


「100年オリーブ」後は任せたぞ!また会いに来るからね!!!

| ひとりツイッター | 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

北海道から戻っての週初め、少し体調がすぐれなかったので、顧問を務めさせていただいているJFMA(日本フローラルマーケティング協会)が東京で開催する総会への出席は断念し、大阪でデスクワークを行っていた。

そして週中には、良くもならなかったのだが、早朝から大阪での大事な視察を終え、名古屋のミーティングに参加し日帰り。

そうして金曜日の朝を迎えたのだが、あれ?腰がおかしいと思うや否や、激痛で倒れこんでしまい、這うことすらできず全く動けなくなってしまった。

(※写真のカンガルーはイメージ画像です(笑))

 

何とか自力で病院へと思ったのだが、立ち上がることすらかなわないため、あきらめて救急病院へ。

 

今まで複雑骨折、靱帯断裂、結石など痛いと言われる病気やケガを繰り返してきたが、今回の痛さも、結構つらく白旗状態であった。

 

そして診断の結果は、予想通り強度のギックリ腰とその他もろもろ・・・・・。骨は竹の節のようにきれいで問題はなく、とりあえずは痛みをこらえるだけの生活で大丈夫とのことでホッと胸を撫でおろした。

 

その後、痛み止めの注射や座薬、飲み薬を処方してもらい、優しい看護師さんやスタッフに助けてもらって、何とか午後からの大事な来客までには机に戻ることができた。お客様には少し失礼な対応になってしまいましたが、何とか穴をあけずにお話をさせていただくことができました。

 

そして翌日には痛み止めとコルセットで、よちよちながら歩けるようになり、補助付きながら京セラドームで開催されていた「天下一植物界」に出展している方々の陣中見舞いへと向かわせていただき、会場では溢れんばかりの人に元気をもらい、少しずつ痛みもやわらいできたような気がした。

暑いところ寒いところなど国内外の出張が続いてはいた。疲れていたとは全く思わなかったのだが、確かに歩き続けたり、夜遅くまで良くない態勢で机に向かっていたりしていたので、それが原因だったのかもしれない。兆候はあったのだが、是正することなくそのまま続けていた結果このようなことになってしまい、本当に情けなく、周りに申し訳ない気持ちでいっぱいである。

 

ただ今回のことで今まで見えなかったものが少し見えてきたようにも感じている。そのことに気づかせてくれた良い機会であったと言えるかもしれない。

週明けには、地元での各ミーティングに、週中には都内でとても大事な商談とイベントがある。そのまま週末には千葉で勉強会もあるので、しっかり心も身体もリセットさせ体調を整えていかなければならない。植物からあずかったメッセージを伝えるために・・・・・

追伸 街角で又右衛門を見かけたら、決して追いかけたり、揺さぶったりしないでくださいね。今週は壊れやすい又右衛門なので・・・・・(笑)

| ひとりツイッター | 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

週末は第10回 全国花卸協会 理事会&総会に出席のため開催地である北海道へと向かった。

 

いつものように朝の飛行機のため、本社に車を置いて阪急電車、モノレールを乗り継ぎ伊丹空港へと到着。

 

 

前日のトラブルが原因での欠航便があったので少し気になってはいたが少し遅れて無事出発。そして新千歳空港に到着した。

 

そしてそこからJR線に乗り換え、札幌駅へと到着。ホテルのフロントに荷物を預けて、そのまま会場へと向かった。多くの参加者はタクシーで向かったようであるが、私は基本歩いて30分の距離ならタクシーは使わない主義なのと、歩くことで色々なことに出逢えることが多いため、いつものように歩いて会場をめざした。

すると途中で出汁(だし)の自動販売機に遭遇。Facebook情報によると、結構設置されているようだが私は今までで3回目ぐらい。それもオフィス街ともいえる場所での設置に少し驚かされた。

 

さすがにこのまま買ってストレートで飲むわけにもいかないので写真を撮ってその場を通過し歩き続けた。

すると遠くから囃子が聞こえてきた。それも私の進行方向から聞こえてきている。

 

 

そしてしばらくすると、今度は、だしはだしでも山車にばったり。そういえば今日は神宮祭という年に一回の北海道神宮の大祭と言っていたことを思い出した。

せっかくなのでと思い、スマホのインカメラで写真を撮ってみると、まるで祭りが好きな外国人観光客のようになってしまった。

 

そして再び、目的地をめざし定刻到着どころか時間を間違えた私は開会の1時間前に到着したため、荷物を置いた後、再度歩いて散策をしてきた。

 

そしてちょうど安い定食屋さんを見つけ、そこでコスパが高そうな650円の刺身定食をいただき、満足して、お店を出た。そしてしばらく歩いていると、「こんにちは!」と声をかけられた。

 

振り返ってみると、声の主は、一昨年から昨年までの間取り組んだ「バオバブサバイブプロジェクト」を密着取材してくださった広島ホームテレビの方であった。まさかの、お世話になった広島の方々と札幌、それも狸小路の端の方という場所でのバッタリ遭遇に、とても驚かされ、懐かしさもあいまって、とてもうれしい気持ちになり、やはり歩いて移動するといろいろなモノ・コト・バに遭遇できるのだな~~としみじみ感じ入った。

そして会場に戻り、全国から集まった1年ぶりのメンバーとの理事会、意見交換を終えることができた。

 

 

その後 総会、懇親会も無事執り行われ、気の許すメンバーとともに二次会に行き、業界の将来について冗談を交えながら遅くまで語り合い、そしてそれぞれがホテルへと戻っていった。

 

 

そして日が変わり、私は、また単独行動で北海道大学 植物園や、大通公園、円山公園、中島公園など時間がある限り訪問しながら、多くのみどりから学ばせていただいたり、チャージをさせていただいたりした。

また今までご挨拶ができていなかった北海道の方々とお会いさせていただくことができ、とても充実した訪問となった。

 

 

そのような今回の北海道訪問で少し気になったことがあった。それは移動中に何度も乗った地下鉄。その優先座席は、目の前でつり革を持っていても、ほとんど座る人もなく空いていた。そのことを地元の知人に聞いてみると、地元の人は優先座席には、あまり座っていないとのこと。座っている人は、優先される条件の人か、他府県や海外からの旅行者とのこと。そのような地元の人の対応は本来のあるべき姿かもしれないけど、それが実際として根付いていることが、すごく素敵に感じた。

 

そして私が地下鉄から、旅行者が多く乗る空港快速に乗り変えたとき、その優先座席は旅行者で埋まっていた。そこに少し高齢の女性が二人来られたが、誰も席を立とうとしなかったので、私は少し離れていたが、席を変わろうと呼びに行き、トントンと合図をしたら、こちらに来ていただけた。すると私の隣の男性も同じように立たれて、二人の女性には隣同士で座っていただくことができた。その場から少し離れたドアのところで立っていたら、その女性方々の会話が聞こえてきて、「外国の方なのに親切な人やね!」と・・・(笑)

やはり私はそう見えるのかな~~~。

 

そんなこんなの久しぶりの北海道。またもやレインマンぶりを発揮し、雨模様ではあったが、その分みどりはイキイキしてとても美しく、肌寒いぐらいの気温も、体は心地よさを感じ、心は素敵な地元の方々で温めていただくことができました。皆さんありがとうございました。

 

さ~~次の訪問はいつになるのかな~~。楽しみです。できれば1年に一回ぐらい訪問できるぐらいの仕事を作れるように頑張ります。

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

今日も朝一番の飛行機で都内へと向う。今日の上京の主たる目的はマダガスカル大使館の訪問である。このようなときは上下シックなスーツを着ての訪問が当たり前であるだろうが、せっかくのマダガスカル大使館訪問なので、今日は、パートナーの福中氏監修、とっておきのバオバブジャケットをまとい出発した。

 

 

このジャケットに袖を通すと、昨年のバオバブサバイブプロジェクトが称賛され、いくつかのメディアにも大きく取り上げられたことが思いだされる。

 

 

そしてその集大成ともいえる広島市植物公園大温室リニューアルOPENがTVの生中継放送となり、その際に身にまとったことが頭に浮かんでくる。そのような特別の思いでマダガスカル大使館へと向かった。

 

そして約束の時間の30分前に現地近く、定刻にマダガスカル大使館に到着、しばらくして部屋にご案内していただいた。

 

その部屋ではとても素敵な笑顔でラクトゥマララ ミレイユ ミアル 特命全権大使閣下が出迎えてくださいました。

 

まずはご挨拶をさせていただき、私たちの植物による国際交流活動とマダガスカルにおいての木彫り製品のプロジェクトなどを説明させていただいた。

 

 

このプロジェクトは、現地の方々が自然を保護しながら、健全に環境にやさしく生活費の一部となるように現地NGOの協力を得て、又右衛門が中心となり動き始めたプロジェクトである。

まだまだ完成した形とは言えない状況であるが、まずは行動をすることが大切と思い動かし始めましたとご説明させていただくと、この活動を評価いただき、さらにアドバイスや力強い支援のお言葉まで頂戴することができた。

 

また現地で活動するパートナーを大使閣下もご存じであったこともあり、勝手ながらご縁を感じることができました。

そしてこれからもバオバブをはじめ、マダガスカルの豊かな自然や、住み暮らす人々の純粋で美しい心と生活をしっかり護りながら、「みどりの力」を最大限に発揮できる活動を進めていくことの必要性について意見交換をさせていただくことができ、素敵なアドバイスまでいただけた素晴らしい時間を過ごさせていただくことができました。

 

 

今回、政府機関でもなく、大きな企業や団体の代表でもない私のような者に素敵な機会をいただき、心強いお言葉を頂戴し、握手までしていただけ本当にうれしく思っています。

 

大使閣下と二人だけの時間帯もあったのですが、私の語学力が乏しいために理解しにくかったであろう説明にも、常に笑顔で、しっかりと耳を傾け、一つひとつの言葉を拾って理解してくださった大使閣下のお人柄に感銘を受けています。また忙しい業務の中、通訳していただいた秘書官の半田様にも本当に感謝です。ありがとうございました。

 

今回の訪問で、今まで以上にマダガスカルへの想いは強くなりました。これからも引き続きマダガスカルの素晴らしさを日本に伝え、日本が培ってきたものをマダガスカルに伝えていければと思っています。是非このブログを見ていただいた皆さんも、素敵な国マダガスカルに関心をもっていただき、可能であれば訪れていただければと思います。

 

最後になりますが、あくまでも個人的な考えですが、私は経済大国が行う道路などインフラ整備の開発支援は生活に直結し、大切で有効ではあるとは思う。ただ、それだけで終わってはいけない。

その国の伝統や文化をしっかり護ることが前提の開発支援こそ、先進国と呼ばれる国が行う支援のあるべき姿ではないかと考える。それらを活かした観光開発で、その国が潤う仕組みの整備をしていかなければならないと・・・。

 

現在の先進国は環境問題や社会問題を抱えている。そんな先進国が歩んだ間違った道を、決して歩んでもらってはいけない。そうならない施策を見出しながら、どこよりも美しい国をめざしてほしい。私は、この国は他国にはない豊かで壮大な自然が詰まっている「地球の中の楽園国家」になり得る数少ない国であろうと思っている。

 

 

最後の最後に。私には、このようなときに頭をよぎる、以前耳にした言葉がある。「微力ではあるが、無力ではない。」である。

 

 

又右衛門のできることは本当に微々たるものである。しかし多くのパートナーとともに「みどりの力」をかりてすれば、その楽園も可能ではないかと思っている。引き続き微力ながらも頑張っていきますので今後ともご指導ご協力をお願いいたします。

 

四代目 金岡又右衛門

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

今日は朝から1年ぶりに信州へと列車で向かった。めざすは信州スカイパークである。

今回「子どもたちと地域の未来を考える花と緑のまちづくり全国首長会 設立発起人会」にオブザーバー参加させていただけるとのことで駆け付けることにした。

朝早く、在来線、新幹線、特急しなのを乗り継いでゆく。

地元 中山寺駅を出発し、途中車内で資料を作っていたら、完全に乗り物酔いをしてしまった。何を隠そう見た目によらず乗り物にも弱いのである。そしておそらく青ざめた顔で約4時間、塩尻駅に到着した。

そして無料のシャトルバスの時間まで30分あるため、近くのベンチでまたもや資料づくりをせっせと行い、到着したバスに乗り込み、約30分で、信州スカイパークへと到着した。

信州スカイパークでは、第36回 全国都市緑化信州フェア 信州花フェスタが開催されていた。時間があればゆっくり見学をしたかったのだが、取り急ぎ今日の会議がある施設サンプロアルウィンへと向かった。

歩くことによる発見や学びがあるのと、少しもったいない主義で一人の時は基本タクシーを使わないためひたすら歩いて会場をめざした。そして広い会場と空港を横目に見ながら、歩くこと約50分、塩尻駅到着から換算すると約2時間後に、熱中症寸前になりながら汗だくで会場へと入らせていただいた。

会場では、先日訪問させていただいた亀岡市の桂川市長をはじめ、9市の市長もしくは代行で出席されている方々による設立発起人会が開催されていた。そしてさすが皆さん市を代表される方々である。しっかりとした意見などスムーズに会は進行し、無事すべての議題が了承された。

続いて、国土交通省 都市局 大臣官房審議官 長井様の、取り組み事例をふまえた講演を拝聴させていただき、多くを学ばせていただくことができた。

その後は、各市の代表の方々と信州花フェスタ会場を視察させていただいた。そこで市の代表者による記念写真撮影があった。皆さまとてもにこやかな中にも、きりっとした力強さがあったのが印象的であった。

視察の途中、立ち話ではあるが各市長をはじめ、まちづくりに関わる担当の方とも挨拶や意見交換をさせていただき、私たちの取り組みをとても高く評価してくださる方もいた。

そして、市を代表する方々からお声掛けをいただいたり、訪問させていただくお約束ができたり、短くはあったが、とても有意義な時間となった。

その後、視察はまだ途中であったが、私は日帰りでの参加であったため、展示をほとんど見ることができないまま、残念ながら会場を後にした。

今後、「子どもたちと地域の未来を考える花と緑のまちづくり全国首長会」では、九つの自治体が発起人となり、全国の市区町村に案内をして参加自治体を募っていくとのこと。

「子どもの未来。地域の未来。」を考え、花と緑によってまちづくりをしようと考えている私たちにとっては、このような会が自治体の長によって設立されたことは本当にうれしく、素敵なことだと思う。

 

また今回このような発起人会にオブザーバー参加できたことをとてもうれしく思っているのと同時に、又右衛門として役に立てることを進めていければと思っています!

この会に大いに期待したいですね。とても楽しみである。

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

Page 1 of 11
このページの先頭へ