四代目又右衛門の頭の中を書いたブログ

宝塚山本の秋祭りを終え、心地よい筋肉痛とともに、バタバタの一週間が始まった。週明け重要な会議を終え、週中には九州糸島を訪れた。
今回は、私の活動を知っていただいていた東端さんから、あるプロジェクトの相談とご連絡をいただき、まずは自らの足で現地を見ることが基本である又右衛門は、はじめての糸島を訪問してきたという次第。
糸島と言えば、花き園芸品の生産地ということは知っていたが、中々訪問させていただく機会がないため、検討されているプロジェクトの事だけでなく、現地の状況についても
自然豊かなまち糸島で、又右衛門としてこそできることを考えてみたいと思う。
色んなところを訪問し、少し遅めに昼食。そして再び移動しようとしたところに、少し前に解散した超有名なグループのメンバー3名が多くのテレビクルーを引き連れ登場。少し驚いたが、私たちの会釈や声掛けにも対応いただき何となく嬉しく感じた。 そしてまた場所を変え素敵なCaféへ。お店も素敵だがコーヒーもとても美味しい。更に可愛らしいネコが、ずっと私のそばで心を温めてくれ、本当に居心地の良いCaféであった。そして帰り際にとても素敵なオーナーと少しお話をさせていただき、後ろ髪を引かれるような気分でお店を発ち、車、電車、飛行機を乗り継ぎ大阪に戻った。

金曜日は朝から大阪営業所で会議の準備をして宝塚へ。そして重要な会議に出席し、再び大阪営業所にもどり、車を乗り換えて大急ぎで愛知 豊明へと向かった。

そして準備を終え、土曜日は、愛知 豊明花きの展示会 「JFIトレードフェア」に出展参加させていただいた。

ここでは花き流通に関わる大先輩の方々や、同志、お客様との出逢い、再会ができ、多くのことを学ばせていただくことができました。

またパートナーとは、海外輸出や今後の取り組みなど情報交換もさせていただくことができ、とても有意義な時間となりました。
またわざわざ遠くから私たちの植物や又右衛門に会いに来ていただいた方や素敵なお客様もいらっしゃり、疲れ気味だった又右衛門は再び元気を取り戻すことができました。
またまた国内外で素敵なプロジェクトが生まれそう。楽しみである。

さ~。明日は東北。まだまだこれからできること。やらなければならないことがいっぱい。

前を向いて精一杯頑張っていかなければ。

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

このページの先頭へ