四代目又右衛門の頭の中を書いたブログ

二子玉川で前泊し、桜新町へと向かう。今日は 世田谷にある「さくら幼稚園」を訪問させていただいた。

 

今回お声掛けいただいたのは、さくら幼稚園が70周年を迎えるにあたって企画された記念講演において、又右衛門に講師を、ということである。

講演は2本立てで、1本は東京大学名誉教授であり著名な学者である吉田先生。そしてもう1本を私、又右衛門が担当させていただいた。

桜新町の駅を降り、カフェでコーヒーをいただき、駅からほど近い幼稚園に定刻少し前に到着した。

 

幼稚園では副園長をはじめとする先生方が周辺道路や園庭の清掃をされていたが、副園長がいち早く私を見つけてくださり、園内へと案内してくださった。

そして園長に初対面のご挨拶をさせていただいた。

素敵な感じの園長、副園長でしたが、お話させていただくと、お人柄もさらに素敵で、とても魅力的な方々であった。

さらに先生方もとても元気で、明るく溌溂としたあいさつで迎えていただき、とても良い気持ちで講演に向かうことができた。

そして園児や保護者、先生方の大きな拍手に出迎えていただき、講演会場に入らせていただいた。
園児からとても大きな声のご挨拶。続いて私の紹介をしていただき、講演へと入らせていただいた。

園児の皆さんには「又右衛門のお仕事」や「世界の植物」を写真と共に紹介させていただき、

さらに「植物の役割」「命について」などの話をさせていただいた。

また保護者の皆様には「植物の効用」「世界の子どもたち」「雑草という名の植物はない」などをお話させていただいた。

園児の皆さんは、私の話を聞く時はとても静かで行儀よく、私からのクイズや問いかけには全員が元気よく手を上げて参加してくれたので、とても盛り上がった講演となった。

 

さらに園児から又右衛門への質問の時には、「木も風邪をひくのですか?」「どうやって木の子どもはできますか?」「なぜ紅葉するの?」など本当に園児?と思うぐらい、いっぱい質問をしてくれ、植物に興味をもってくれていることがわかり、うれしく感じた。

講演の最後には、私へのお礼として、みんなで大きな声で歌をプレゼントしてくれ、涙が出そうになってしまった。
また私のために描いてくれた素敵な絵と、記念品をプレゼントしてくれた。
更には、銀杏でつくった可愛らしいブーケまでプレゼントをしてくれ、今までいただいたトロフィーや賞状とは違う素敵な喜びを感じることができた。

講演終了後、着替えをさせていただき、しばらく時間があったので、園庭に出させていただいた。寒空にも関わらず園児は元気よく走り回っていて、私の姿を見つけると、手を引っ張り、一緒に遊ぼうと誘ってくれた。
そして楠の近くに私を連れていき、そこにまた園児が集まってきた。そこでは年長さんは私に「なぜ楠の葉はあかくならないの?」など驚くような質問を投げかけ、年中さんは、私の手を握りお話しをしてくれ、年少さんはずっと無言で私の足を抱きかかえてくれていた。冷たい手でありながら、その握ってくれた手からはとても温かいものを感じることができた。

そのような素敵な時間が過ぎるのは早く、園を出る時、多くの園児が「またえもんせんせいまた来てね!」「またえもんせんせい、ありがとう!」と何度も何度も大きな声を送ってくれて、本当に涙をこらえるのが大変でした。

そのような皆さんに見送られて後ろ髪を引かれる思いで幼稚園を後にした。
そして、講演の打ち上げを兼ねた食事会の機会をいただき、吉田先生とご一緒させていただき色んなことを学ばせていただいた。

その後、場所を変えて、二つの重要なミーティングを終えて、珍しく新幹線で帰ることにした。

今回も私はこの講演を通じて多くのことを学ばせてもらった。

園児のみなさんは私にとっては先生でいてくれた。このような機会をいただいたさくら幼稚園 園長をはじめ園の皆様には本当に感謝です。ありがとうございました。きっとまた会いに来させていただきますね。その時まで、またえもんせんせいを覚えておいてくれたらな~と思っています。
私も、園児の皆さんの冷たくもとても温かい手、抱きしめてくれた足に感じた温もりを忘れずにいます。これからもずっと・・・・

 

さくら幼稚園の皆さん。本当に本当にありがとうございました!!!

 

※写真のブログでの掲載は許可をとっております。

 

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

早朝、松市を無事終え、奈良へと向かった。

 

今日は、先日ご紹介いただいた「大和橘」の生産地視察をさせていただけるとの事で、この日をとても楽しみにしていた。
「大和橘」は、柑橘類の中ではシークワーサーと共に日本の固有種である。その歴史は2000年以上であり、とても重要な役割を果たしていた植物であることが多くの古文書などで確認できる。絶滅の危機にさらされていたその橘を「なら橘プロジェクト推進協議会」が中心となって再生すべく活動されている。

そしてその協議会の会長である城さまとお近づきさせていただく機会を得て、今回の現地訪問に至った。


JR
奈良駅で城会長と待ち合わせの後、まずは城会長のご案内で、「大和橘」を使用した料理をご紹介いただいた。

全ての料理に「大和橘」が使用され、とてもおいしい。私は料理評論家ではないので気の利いた解説はできないが、橘の独特な深みのあるほろ苦さがとても美味しい。多くの著名な料理人・シェフにその価値を認められているのがわかるような気がした。ランチをいただきながら、「大和橘」について話を聞かせていただき、その後、生産の現場視察へ。

 

移動中の車内では、橘の独特な香りを活かす商品化などのお話もあり、私たちがお手伝いできることもあるのではと感じた。

そうこうしているうちに、生産現場に到着。その場所を実際に訪れることで、この「大和橘」がいかに素晴らしものであるかを身体で感じることができた。

伊射奈岐神社(いざなぎじんじゃ)、大和神社、天皇陵に囲まれ、その背後には龍王山、さらに三輪山にも囲まれ、そしてそこからは、大和三山を眺めることができる。

そのような素晴らしい場所で植樹された橘は、格別であると感じた。きっとこのプロジェクトは拡がりを見せ、多くの人のしあわせに寄与できるものになると直感した。

その後も様々な取り組みを見せていただき、本当に色んなことを学ばせていただく事ができた日になりました。

城会長の本当に熱い想いを全身で感じた又右衛門は、これからもこのプロジェクトが大きな拡がりをみせられるように、又右衛門としてできることを協力していきたいと思っている。乞うご期待!!! 

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

松市の開催が近づくと、卸売業としては、いよいよ年末商戦に突入した感が高まる。そして今年もその時期がやってきた。

花き業界以外の方々にはなじみがない「松市」というワードかと思いますので、簡単に。

通常の生花や、鉢植えなど花き市場流通するものはセリなどで日々取引がおこなわれるが、迎春用の重要品目である「松」「千両」「梅」「万年青」などは、日々のセリではなく、大市として特別日が設けられ、基本 その日に全てが集約され、販売される。特に関西の花き市場ではそのような傾向が強い。その大市の最初を飾るのが「松市」である。そしてその松市が明日開催される。

そして私たちの立ち位置である仲卸にも、全国を代表する松生産者や団体から続々と入荷が始まった。

普段、私は仲卸部門の現場に顔を出すことは少ないが、この時は、やはり状況が気になり、のぞき込んでみた。

北は秋田から、南は愛媛まで、特別な生産者、その中でも厳選された逸品が多く届いてきており、その品揃えをみれば、スタッフが目利き力を高め、さらに生産者の方々と信頼関係を深めている事がうかがい知れ、とてもうれしく感じた。

手前味噌と言われるかもしれないが、1年間大変お世話になっているお客様を、胸を張ってお迎えできる品揃えであると思う。


明日の松市が楽しみである。

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

今日は大阪城公園で開催された「Osaka Great Santa Run」に参加してきました。
Osaka Great Santa Run(おおさかグレートサンタラン)」は2009年に始まったイベントで、サンタクロースの衣装(参加費に含まれています)を身にまとってランニング(歩いても可)することで、その収益が病気と闘う子ども達へのクリスマスプレゼントになるというとても素敵なチャリティイベントです。

そして今回で10回という節目を迎えるということで、多くの人が参加されました。


私たちテラプロジェクト「みどりのサンタ」もこのイベントにお声掛けいただき、みどりのサンタ アンバサダーとして参加をさせていただきました。
多くの赤いサンタさんに交じり、私たちも一緒に歩かせていただきました。

いっしょに歩いてくれるのは、大人だけではありません。こんな素敵なワンちゃんも一緒に。

又右衛門も多くのサンタさんと一緒に歩かせていただき、「TVを観ましたよ!」「ラジオ聴いていました!」など色んな方からお声掛けいただいたり、行き交う人から応援メッセージをいただけたり、とても素敵な時間となりました。

そしてスタートから約5Km。12月とは思えない暑さの中、汗びっしょりで無事ゴールに着きました。

そしてみどりのサンタブースでは、ミュージシャンの白井大輔さんと村田雅美さんのライブも開催され、とても盛り上がり、熱い一日になりました。

今回も、スタート前とゴール後に多くの人が「みどりのサンタ」ブースに立ち寄ってくださり、ステージで写真を撮っていただいたり、縁結びツリーを飾っていただいたりしていただけました。

昨年に続いてお会いできた女性の方々。長崎から初参加の方々。海外からの方々。大阪で活躍される女性の方々。色んな素敵な方々と再会や出逢いがありました。

ワンちゃんも、ブースに来て、記念写真に参加してくれました。

そしてこのイベントの素敵な取り組みを全身で感じながら、私たちは参加者の方々に、みどりのサンタとして、「おおさかにもっとみどりを!」を伝えさせていただきました。

みどりのサンタはクリスマスだけではなく365日、植物への尊厳の念を強く持ち、まちにもっと健康なみどりを増やすために活動していきます!

「みどりのサンタ アンバサダー 又右衛門。」これからも引き続き、「おおさか」「たからづか」そして「日本」はもとより、世界各地のみどりの中で愛を叫びます!

 

※写真のブログでの掲載は許可をとっております。

 

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

Page 1 of 11
このページの先頭へ