四代目又右衛門の頭の中を書いたブログ

■大連 番外編 おいしいもの
出張での仕事以外の楽しみは、私にとっては食事。
それも高級なものではなくB級グルメっぽいのが結構好き。
というのも高級なものなら、別にお金を出せば日本でもたいてい食べられる
でもご当地B級グルメはその地でなければ本当の味が伝わってこないから・・・
というわけでいくつかピックアップ
さて一日中、お腹がすいている俺はおやつ代わりに・・・

チータンピン???っとか言っていたような。
こんな感じで作っていた。

クレープの上に、たまごをひいて

次に北京ダックに塗るような甘辛い味噌のようなソースをぬって

ソーセージ、ネギなどをトッピング。
最後に

クレープとは違って四角く包んで、ビニール袋にポイっと放り込んで
はいどうぞって感じ。
これで4元、特においしいとは言えないけど、クレープとイカ焼、広島焼きをアレンジしてご当地グルメというのが中国らしくてよかった(笑)
初日の夜は、ホテル近くの海鮮料理。
まずは定番??のトマト玉子スープ。これが一番どこにいっても間違えないと教えてもらってから、マイブーム。


油っこいのは仕方ないけどおいしかった。
ただこれだけはあんまり気乗りがしなかった

明らかにザリガニ。昔海外協力活動などでいろんな国に行ったときには、トカゲ、ムカデ、タガメなど何でも食べてきたけど、最近やはり少しその辺から離れているだけのことがあって、食べたいという好奇心も生まれてこなかったな~。
2日目にはこのような感じのものを食べました。

名前はわかんないです。価格は4元。これは結構おいしかったです。
続いて皆さんご存知の小龍包。


実際に買ったのは別の店だけど15個で7元。安くて普通においしい。
ただ一人でおやつに15個も食べられないって~~~。
あとこれは、あさりラーメン。

味はあっさり・・・・・(ごめんなさいすっかりオヤジです)
個人的にラーメンはやはり日本が一番おいしいとおもうな~。
これが18元。
朝マックが20元、スタバが30元ぐらいなので、いかにご当地ものが
安いかわかりますよね~。
おまけに日本のマックと大きな違いが何点か・・・。
これはまた別のときにアップします。

| 又右衛門 | 過去のブログ(又右衛門) |

今回は大連に。
空港周辺はとても整備がされていて、以前の中国とは全然違ったイメージ。

さて今回は展示会用の商品の最終検品と来春に向けての視察です。
周りにはこんな時に、何でこんなときに中国に行くのか?って言われるけど
答えは一つ「こんな時だから行くのです~。」かな。
この言葉の意味はわかってもらえる人には、わかってもらえるかな。
さて弊社向けに出荷を控えた工場での検品のはずが・・・
案内されたのはこんなとこ

ちょっと えっ?なんじゃここって感じ。
(これ以上は、食事中の方もいるかもなのでお伝えしないようにしときます)
と少し思ったけど出迎えてくれた子犬のおかげで、少し機嫌を取り直した。

早速、スタッフとサンプル抽出して検品。


特に問題なく、改善点を伝えて終了。
少しあんまりな施設に何故この場所でと尋ねたら、下請工場に直接行くと、ダイレクトな取引をされるとかの信用でまだ初めてでできてないから・・・って。それもそうだけどね。
ただちょっとそれはこっちのセリフと言いたがったが、後は信頼関係と取引実績をつくっていくしかないかな。
ぐっと飲み込んで工場を後にしました。

これは工場を後にした、私の後姿ではないです。見送りに着てくれたネコが帰っていくところです。
うちの蓮くんを少し大きくした感じのネコでした。
まさに大連ですね~~。
その後、ホテルに戻り、初めての大連を歩いてみました。
大連での食事の写真とかは、またまとめてアップしま~す。

| 又右衛門 | 過去のブログ(又右衛門) |

これは何でしょう?
アスファルトを突き破り中から・・・・

これは本社のアスファルトの間?切れ間?から咲いたケイトウ。

力強すぎですね~~。
俺も頑張らなきゃ。

| 又右衛門 | 過去のブログ(又右衛門) |

今回は先日の川内村を訪れた時に道端などで咲いていた花たちの写真をダダダーっとアップしますね。







緑豊かな自然、そこに流れ込む清らかな水。そして野に咲く花たち。そこに飛び交う蝶。
この素晴らしい自然を何とか受け継いでいかなければならないと実感できました。
短いですがとても素敵な自然と人に触れることができた旅でした。

| 又右衛門 | 過去のブログ(又右衛門) |

皆さんこんにちは。
昨日は急遽新しいビジネスの依頼があって、その相談に奈良の葛城までいった。
ここには永座有機園というのがあり、有機栽培の野菜を生産し、国内の有名な販売店や
レストランにもおろされている。
ここの代表の永座康全先生は、微生物農法研究会の代表をつとめられるなど、
農家としての知識や栽培技術は日本でも著名であり、私もいつもながらそのすごさに驚かされている。
何を隠そう弊社の子会社のアースフィールが提案する有機ガーデンなどでもご指導をいただいている。
で、今回も色んな相談をさせて帰るときに永座先生が
「このイチジク食べてごらん」と、もぎたてを手渡してくれた。
そして皮をむいて食べようとした時に、そのまま丸かぶりしたらいいよと・・・・
私の経験でイチジクは皮は食べないと48年間思ってた。
それがそれが。

おまけにこのイチジクは農薬もかかってないし、洗わなくていいよと言われそのまま口に・・・・・
本当においしかった。。。
私は今まで皮を向くか、二つに割って中身だけを食べてた。
それが今回はじめて丸かぶり・・・
うまさに感動しました。
先生ありがとうございました~~~。
それと素敵な茄子もありがとうです。


早速焼きナスにしていただきま~~~す。

| アースフィール日記 | 又右衛門 | 過去のブログ(又右衛門) |

Page 1 of 11
このページの先頭へ