四代目又右衛門の頭の中を書いたブログ

MATAEMON'S THINKING BLOG

2021.01.15

夢に自粛なし

とうとう緊急事態宣言が大阪、兵庫、京都も発令されることになり、さらにCOVID-19感染拡大抑制に向けた取り組みを頭において活動をしなければならない状況となってきた。

当然、私たちも協調し、引き続き感染防止対策を講じている。もともとバタバタの日々を送っている私は不要不急でない行動がないため、制限するにも何を削るか難しいのだが、その中でも何とか工夫をしながら活動をしている。これは私だけがそのような状況ではなく、多くの方が同様もしくはそれ以上の制限の中で活動されているので、健康で動けているだけでもありがたいと思い、自粛をしなければならないと思う。

そのような中、今週はリモートや完全防備でのプロジェクトで、あっという間の一週間であった。
最近注目が集まる大和橘の配達をし、パートナー企業であるハイトカルチャ株式会社の研究所にて、セラミック栽培式野菜工場について素敵なお客様を交えてミーティングをおこなった。

まずは、体中の衣服についた埃をとり、手足をきれいにクリーニング。さらにエアーシャワーにて、完全にきれいになる。その上で白衣に着替えてセラミック栽培式野菜工場内部を見学。

葉物野菜が生き生きとしているのがよくわかる。ハーブ類はとても良い香りをしている。さすがセラミック栽培式である。

そしてトマト。めちゃくちゃ甘い。またイチゴもある。

さらに最近流行りのエディブルフラワーもモリモリに育っている。花壇より元気である。

その後は密を回避して大きな会議室でミーティングをおこなった。
お越しいただけた著名な企業の方は、このセラミック栽培式をとても高く評価され、その可能性を強く感じていただけたと思う。

私たちもこのシステムの優れているところは熟知しているが、それだけでは中々越えられない壁が多くある。しかしその壁を越えることができるかもしれない様々な提案やアイデアが湧き出てくるとても価値あるミーティングとなった。さすが第一線で商品開発やデザインを行っている企業の方である。今後が楽しみである。

会議を終えると、次へのステップに向かう約束をして、貴重な時間は終わりとなった。通常であればその後は会食というのが流れではあるが、当然、このような環境下であるため、自粛し、再会を約束して解散となった。

▼セラミック栽培式野菜工場PDF 
http://www.baraen-rosegarden.co.jp/pdf/ceramic_farm.pdf

私たちは、土耕の有機栽培の指導をおこなっている。セラミック栽培式では土耕の良さと水耕の良さを兼ねそなえ、更に独自の良さを産み出している。何といってもこの技術の優れているところは、味や香り。そして排水がないためエコである。また小規模で栽培が可能で、最低限の条件がそろっていれば、南極でも砂漠でも安心安全で新鮮な野菜が栽培可能である。

私は将来宇宙にて野菜栽培を可能にする技術に一番近いのはこのシステムでないかと思っている。本当に夢が広がる話である。

現在、海外どころか県外に行くことすら容易ではない。そのような時だからこそ、夢ぐらいはより遠い宇宙に向かっていきたいものである。

新年が来るのと同様に、十日戎も毎年やってくる。両親に連れられ、ただ単に夜店でリンゴあめを買ってもらえることが楽しみでついていくのが始まりであった、えびす神社参拝。ほとんど毎年のように通うようになってから、もう50年になる。

そして私がバラエングループに入り、代表を担う少し前ぐらいからは、スタッフの有志と一緒に参拝をしており、ある意味非公式ではあるが社内の年中行事のようなものになっていた。

しかしながら今年は、COVID-19の感染が拡大し、万が一スタッフが感染すると、現場やお客様に多大な影響をおよぼしてしまう恐れから、私と限られた身内だけで、感染対策をしっかり行い、それも一番空いているであろうという予測のもとに、初日9日の朝早い時間に西宮戎を参拝することにした。

その予測が正しかったのか、近くの駐車場に停めることができ、いつもならかなり混雑する赤門も、しっかり人と人の距離をしっかりとりながら通ることができた。続いて毎年いただくお札や吉兆をお納め、1年間のお礼を伝えた。

順路を進んでいくが、露店販売がないためと、人が少ないため、いつもとは全く違う光景で、とても落ち着いた気持ちで境内を歩くことができた。

毎年のようにお札を授かり、本殿にて1年間のお礼を伝えたが、本殿までも全く空いている状況であった。

さらに振り返ると「大マグロ」は奉納されていた。いつもであれば長蛇の列で写真を撮ることもままならない程だが、今年はマグロの体にお金をはる行為は一切できなくはなっていたものの、簡単に目の前で観ることができた。

そして摂社末社を拝み、いつもの吉兆店である「福富」さんへと向かった。
「福富」さんでは、私たちがこのような状況の本年であっても参拝に来ることを確信していたのか、弊社会長への贈り物までもご用意いただいていた。ありがたいことである。

今年はいつもと少し違う縁起物を購入し、1年間の商売繁盛と互いのしあわせとを願って威勢のいい掛け声のもと手を打っていただいた。

これも毎年と同様、神楽殿にてご祈祷いただき、その後、荒祭宮を参拝し、全ての参拝を終えることになったが、恐らく時間的には例年の5分の1ぐらいであったような気がする。

露店もなければ、お化け屋敷もない。人も少ない中での参拝で寂しさを感じることもあったが、いつもよりゆったりとした気持ちで参拝できたことは、とてもよかったと思う。

是非来年は、少々大変でも今までのように混雑する中を、笑いながらスタッフとともに参拝できるようになっていて欲しいものである。
そのためには、スタッフも私も健康であり、そして会社も健康でなければならない。さらに社会も健康でなければ私たちだけが元気であっても意味がない。

えびすさまにお願いしたみんなの繁盛を1日も早く叶うことを願ってやまない・・・

2021.01.04

初市

元旦、実家での挨拶を終え、その後三が日は、ねこたちと私だけ水入らずで、自宅での待機となり、携帯電話もならないため、ゆっくりデスクワークを行うことができた。

パソコンに向かう私の横では、のんびり屋さんのハクが、私のいたずらに嫌がるどころか喜んでいるかのような、にこやかな寝顔で寝息を立てている。多くの癒しを与えてくれたおかげで、たまっていた原稿や、新規事業の素案作成など多く進めることができ、とても有意義な三が日を過ごすことができた。

4日には兵庫県生花 大阪営業所が初市を迎えた。代表の挨拶に始まり、若いセリ人の威勢のいい掛け声によって、気持ちよく1年間のスタートをきることができた。

昨年は、COVID-19の影響によって、あたりまえと思っていたことがあたりまえでなくなり、特別なものに思えるようになり、「日常」という言葉のもつ意味、その重みをひしひしと感じることになった。

花き業界においては冠婚葬祭などイベントに関わる消費は、大きく落ち込み、ホームユース需要の高まりから通販やスーパーでの販売では大きく伸ばしている事業者も多いようである。そのような中、当然私たちバラエングループで展開する様々な事業も大きな影響を受けることとなった。特に貿易事業では、私自身が現地に赴くことができなくなり大きな影響を受けてしまうことになった。でもこのような世界的に大変な時であっても、スペイン、オーストラリア、マダガスカルなど海外のパートナーたちは、健康維持に細心の注意を払いながら、日本の私たちに向けての出荷準備を着々と進めてくれている。本当にありがたいことだと思う。

また輸出においての準備や海外での新しい事業展開もまだまだ小さいが着実に前に進んでおり、これから大きく期待を寄せるところである。とにかく今は不自由な日々を嘆くのではなく、これは大切な機会であると捉え、自らの足元をしっかり見つめられるように思いっきり屈み、時が来たら多くの人と繋いだ手を離さず、めいっぱい跳びあがり、新しく吹き始めた風にうまく乗れるように、しっかり準備をしておきたいと思っています。
今後の報告を楽しみにしておいてくださいませ。

元旦。毎年のように早朝に起床。COVID-19によって今までの日常を失いかけていることもあるのか、いつもより寒く感じながら、自宅の神棚を祀り、例年通りに自宅を出発した。

まずは氏神様、東の宮である松尾神社を参拝。昨年はCOVID-19によって、一時は、会社の継続どころかパートナーやその家族の健康、生活すらも守る責任を果たすことができないのかと思ったときもあったが、何とか今年も無事新年を迎えることができている御礼を伝えた。そして境内にある猿田彦大神には、厳しい中でも道を切り拓いていただけたことへの感謝を、薬師如来様には周りが健康であることの感謝と、猛威をふるう感染症を何とか鎮静化していただきたいというお願いをした。

続いて西の宮である天満神社を参拝したが、本年は昨夜のとんと(福火)もなく、迎春の感じではなく、普段通りのような佇まいで静かであった。

そして本社に移動し、神棚を祀った頃には、ちょうど初日の出が私たちを照らしてくれ例年のように迎えられる新年の朝がとてもありがたく感じた。

その後、豊中に移動。毎年以上に車はすいているように感じ、通常の朝なら40分ほどかかる通勤路を約20分で到着。すぐに、窓を開け元旦の清々しい空気を部屋に招き入れた。そして早速営業所や仲卸棟の神棚と氏神様の春日神社をお祀りした。

境内は人がまばらというより、とても少ないように感じた。ちょうど社務所には宮司様がいらっしゃり、新年のご挨拶をし、摂社など各社を参拝して市場に戻った。

そして市場の中心辺りにて、土地の神様への奉納のためのお神酒と鎮静のための橘を供え、土地の上を行き来し、騒がしくした1年間のお礼と、COVID-19による流通の変化を見守っていただけた感謝を伝えた。そうするとちょうどその時、伊丹空港に向けて着陸する飛行機が頭の上を通り過ぎて行った。

昨年は飛行機に乗る機会は半減。海外には例年10回ほど行っていたのが今年はどのようなことになるのか、先行きが見えない不安な中、何とか耐えていかなければならないと思ってはいたが、ここでお神酒をまき、地に手をついて、その温かさを手のひらいっぱいに感じた時、新しい日常を、私たちの植物(みどり)によって、より価値あるものにしていかなければならない…それが私たちの役割であるという気持ちがふつふつと湧いてくるような気がした。

今年1年。決して平坦な道のりではない。かなり険しいであろう。しかしながらある意味、パートナーとともに今まで以上に成長ができる機会であるととらえれば、楽しみとも感じられる。これから10年後、数十年後に残ることができるように、身体のぜい肉をそぎ落とす機会でもある。
COVID-19による影響や、行政の施策などに振り回されている場合じゃなく、植物の素晴らしさを忠実に伝えていけば、私たちの業界はまだまだ可能性が拡がると思っている。

さ~~。ピンチをチャンスに、みんなとともにチャンスをビッグチャンスにするために今年も引き続き、駆け抜けたいと思っています。周りにとっては危なっかしい蛇行運転や急発進、暴走に感じるかもだけど、いよいよ今はそれが必要な時に入ったかもなので、躊躇なくいざ!
不安に感じる方もいるかもですが、大丈夫ご安心ください。最新のシートベルトとエアバッグを装備、さらに高額の保険に入って突き進みますので・・・

そのような1年になりますが、何卒よろしくお願いします!

四代目 金岡又右衛門

2021.01.01

HAPPY GREEN YEAR!

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり心より感謝申し上げます。

COVID-19など大きな課題を突き付けられた昨年ではありましたが、皆様の支えがあり何とか140周年を送ることができ、社員一同、元気に新年を迎えることができました。本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。

そして本年、バラエングループは、SDGsの目標年であり、私たちグループの150周年となる2030年に向けて新たな決意のもと、今まで培ってきたものを最大限に活かし、花き業界の枠を越え、「健康な植物(みどり)の力で社会の課題を解決する。」ために活動してまいります。
その目標達成のためには、かけがえのない皆様のお力添えが必要であり、新たな日常をしっかり生き抜く原動力となりますので、引き続きご指導ご鞭撻を賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

最後になりましたが、皆様のご健康とご多幸を心より願っております。

バラエングループ代表
四代目 金岡又右衛門