• HOME
  • 又右衛門 > 又右衛門 再びマダガスカルへ⑦ 植物との出逢い。

四代目又右衛門の頭の中を書いたブログ

昨日の苦しみが、薬が効いたのか神様のご加護か朝方には少し楽になり、何とか起き上がれる状況になり、今回の訪問の大きな目的の一つの農場の訪問をした。

この会社は、かなり古くから植物に関わる仕事に就いており、最近マダガスカルから日本向けに輸出を手掛けている会社には、もとは動物輸出からの転嫁などが多いため、この会社はいわば植物専門のスペシャリストの老舗と言える。そして今回も私たちの取り組みに関心をもっていただき、私の再訪を歓迎してくれた。

 

早速、事務所にてミーティングに入り、今後の取り組み方についてなどを伝えて、その後少し植物を見せていただいた。

相変わらずユニークな植物がある。上記のようなコーデックスもあれば、ラン類もある。写真ではNGだが初めて見たものもいくつかあった。

そしてそのような中、私の希望品種をいくつか伝えて、その輸送方法などについてもディスカッションをさせていただいた。

 昨今の輸出業者には、多くの注文があるため、また価格重視のため、採取後すぐに輸送している業者が多くなり、実際に日本到着後に枯れてしまうことが多いのではないかとのこと。

その辺について特に時間を割き、彼らの植物専門のプロフェッショナルの方法と又右衛門の他国での取り組みなどをうまく調和させることで、植物を死なせない事前準備と輸送方法についての話しがつめてできたので、他とは違った状況を創り出せるように思う。

 

そして、彼らも出荷があるため、時間切れとなり、来春からの取り組みを楽しみに、固い握手を交わして、ナーセリーを後にした。

 

 その後、近くの地元産物が立ち並ぶところに行き、マダガスカルの工芸品製作のための参考になるものを見て回った。


 このお店は私が2か月前に訪れたことを良く覚えてくれていて、気持ちよく出迎え、気持ちよくディスカウントしてくれた(笑)


 そして体力的にも厳しかったので、視察はそこそこにして、昨日から丸一日水と薬以外口にしていないので、何か口に入れなければと思い、ホテル近くのスーパーマーケットに行き、バナナとスープ代わりにインスタントラーメン、エナジードリンクを購入して、夕方にホテルに戻り、今日唯一の食事をとった。


 ちなみにこのインスタントラーメンは1200アリアリなので日本円で50円強。薄味でとっても美味しかった。


そしてその後は明日の帰国に備えて、熱が上がると飛行機に乗せてもらえないので、デスクワークもほどほどにして、早目に就寝することにした。

| 又右衛門 | 海外情報(海外出張) |

このページの先頭へ