四代目又右衛門の頭の中を書いたブログ

今週はお盆商戦に、台風、素敵な出逢いという強い風を感じる週となった。

 

週の初め、私たちの主たる事業の花き卸は、お盆商戦の終盤を迎えていた。厳しい条件の中、それぞれの部門のスタッフが工夫を凝らし、チームワークをもって取り組み、体力を振り絞り、無事に走り抜けてくれていた。本当にありがたく、そして頼もしく感じる。

そのような時に、やってきた大型台風。日本各地で大きな影響を残していったが、私たちもその例外ではなく、花きの販売には影響はあったようである。また植物部門においても一緒である。さらに植物管理部門においては、超大型植物などは、強風の影響を直接的に受けることが考えられた。さらにその他の植物も同様である。実際に昨年は大型台風の影響を受けて、いくつかの植物が転倒をしてしまった。またハウスなどの施設が倒壊や損傷を受け、その二次被害を受けてしまった植物もある。現に未だ復旧できない施設がいくつもあり、昨年の台風被害は記憶に新しい。

そのような中、植物を護るためにスタッフが協力し合い、万全の準備を行ったため、今回の被害は最小限に抑えることができたようである。しかしあらためて自然の力を感じることになった。

 

 

また週中には、とてもアグレッシブな方が新しいプロジェクトの打診で弊社を訪れてくださった。その力強い話や方向性には共感させていただけることも多くあり、きっと新しい風が吹くように感じられるものである。

週末には長崎へと向かった。今年になって長崎訪問は3度目になる。過去2回は県庁やハウステンボスなどジャスト植物に関するプロジェクトでの訪問であったが、今回は少し違ったプロジェクトである。ここで詳細を報告させていただけるまでには至っていないが、このプロジェクトは植物、農業、環境にとって大きな意味を成すものであり、また新たな風が吹くことになると思っているので皆さんには乞うご期待である。

台風というリアルな風や、流れなどを比喩した風を強く感じた一週間。全く違う意味の風を受け、台風一過のように目の前には澄んだ青空が拡がっている。この穏やかで輝いた世界をしっかり目に焼き付け、曇る日、雨の日の大切さを理解しながら透き通った世界へと歩んでいきたいと強く思えた。

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

このページの先頭へ