• HOME
  • 又右衛門 > すごいぞ!山本(や・ま・も・と)YAMAMOTO!!

四代目又右衛門の頭の中を書いたブログ

8月2日3日と山本園芸流通センターで恒例の「山本納涼夏祭り」が開催された。

 

昨年はセネガル出張と重なり、参加できずであったので2年ぶりということになる。

初日、いつものように開始時間少し前に会場に到着。しばらくしていつも担当をさせてもらう「お面売り場」に合流した。

一見怖そうに見える売り子ではあるが、実はそうではないかもしれない。怖く感じているのは実は大人で、小さな子どもたちは結構友好的でよく話しかけてくれる。

ただ明らかに他のお店より並ぶ人が少ないのが気にはなるが・・・(^_^;)

人気のスマートボールコーナーでは、若い学生たちが奮闘し、元気な掛け声とともに盛り上げてくれている。

他にもコイン落としやヨーヨー釣り、金魚すくいなどどこのお店も大繁盛であった。

さらに二日目も薄暗いころから多くの人が詰めかけてくれて恒例のビンゴゲームが始まる頃には最高潮に達し、会場は溢れんばかりの人であった。

何故こんなにもビンゴゲームが人気かというと、無料で参加ができ、すごい景品が当たったりするからである。またその他のゲームも通常のお店とは違い儲け度外視でコスパが非常に高いため、そのことを聞きつけた近隣のまちの子どもたちも大勢参加してくれている。町内の自治会が執り行う祭りなので、町内の子どもたちへのイベント、という考えもあるが、そんなことは関係なしに、来てくれている多くの子どもたちへのおもてなしとして、地元のみんなが持ち出し、大盤振る舞いしているのである。とても素敵な取り組みと言える。

 

さらに、数日前からの企画や買い出し、櫓設営などの準備、そして当日の運営、更に片付けと、業者などに一切任せず、山本の役員である重鎮から若手までが力を合わせ、猛暑の中、休み返上で多くの時間と費用をつぎ込んで作りあげている。本当にすごいと思う。

また飲食も、はやりの屋台はないかもしれないが、露天商の方々の力をかりずに、地元商店会や婦人会の方々が力を合わせて運営しているので、通常のお祭りにくらべて安く提供されている。少しでも地元の子どもたちに還元しようという想いで、みんなで力を合わせて手作り感いっぱいで取り組んでいる。

さらに自治会長が自ら太鼓のバチをもち、盆踊りに多くの人を誘っている。何とも素敵な光景ではないかと思う。

 

本来であれば行政の取り組みもそうであるべきではないかと思う。最近の行政の取り組みでは、見た目だけで本質を見極めることができないままの外部委託など首をかしげることが多い中、地元主体で切り盛りし、数千人の笑顔を産み出している山本。本当に素晴らしいと言える。すごいぞ!山本!!!

そしていつも輝いた眼で、満点の星のようにいくつもの輝いた眼で励ましてくれる子どもたち。ほとんど準備や片付けに参加できていない又右衛門でも温かく迎えてくれる地元の仲間たち。私を「船長!船長!」といつも呼んで慕ってくれる学生たち。全てが前に進む力に変わっていくのを感じる・・・本当に感謝である。

このようなお世話になっている人たちや、一緒に歩んできた植物、園芸の未来を考えると、まだまだやらなきゃならないことがいっぱいあるようにあらためて感じることができました。

いつか必ず外から山本に大きなものをもってきてみせます‼️

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

このページの先頭へ