四代目又右衛門の頭の中を書いたブログ

今日は月末から月初めにかけてスペインから到着する40フィート満載の植物を置くスペースづくりのため、圃場の整備をスタッフのみの手で行った。

 

 

それほど広い場所ではないのだが、重機を使わずの手作業を慣れないメンツで行ったため丸一日を費やした。

 

この作業を自分たちの手で行ったのにはいくつかの理由がある。

 

そのうちの大きな理由は2つあって、まずは普段売り場や営業は優秀なスタッフに任せっきりのため、一緒に作業することがあまりないため、コミュニケーションがとれる絶好の機会であるということ。

 

 

そしてもう一つは、普段は卸として商品を素早く動かし、ビジネスをするのが当たり前の中、厳しい環境の中で頑張っている生産者の気持ちに少しでも近づけるよう、また生産者から預かった植物を心と体全身で受け取ることで、大きな学びが得られるからであった。

 

少しかっこよさげに言ってしまったが、実は経費削減もあって・・・(笑)

 

朝一番から汗を流し、筋肉と骨が悲鳴をあげながらも何とか目途が立った。

 

気が付けば、手は何年ぶり何十年ぶりに手に水ぶくれができるほど、スコップと一輪車を駆使して、何とかやり遂げられたと思う。

 

 

おかげで、精神もスペインからの植物を受け入れられる態勢は整ってきた。

 

後は無事到着を待つばかり・・・・・

 

乞うご期待!!!

 

 

 

 

 

 

※働いて働いて、スタッフとともに高まる気持ちにじっと手を見る。 

 

                             又右衛門 

| ひとりツイッター | 又右衛門 |

このページの先頭へ