四代目又右衛門の頭の中を書いたブログ


今年も盛況のまま3日間を終えることができた。
毎年のように弊社ブースに来ていただける人、今年初めて出会える人で毎日がバタバタだったけど、充実した日々を送ることができた。
訪れてきたくれたのは花き業界に関連する人は生産からデザインをする人まで様々な顔ぶれだったが、それに加え、小説家の方、建築デザイナー、音楽家、画家、教職さらに高校の同級生が陣中見舞いに来てくれた。本当にうれしいばかり。また違った意味でのIFEXの良いところが実感できた。
実際のビジネスにおいては年々注目度が高まってきているシザーケースをはじめ、又右衛門シリーズのはさみが人気であった。殆どスタッフは切れ間なく説明を続け、お客さんも食い入るように自分仕様にカスタマイズしていかれる姿が印象的でした。

それに加えて今年は素敵な新しいメンバーや協力者のおかげで、いくつかのブランドを立ち上げた。
まずは輝けるフローリストやガーデナーの為にワーキングユニフォームとして
FIORE FIORA(フィオーレ フィオーラ)を立ち上げた。

*写真はそのユニフォームと素敵な協力者たち
多くのお客さんが立ち止まり、国内外の人が購入して行って頂けた。
またいくつかの事業所の方からの依頼も受けることができ、改めて立ち上げたことが間違ってはいなかったと実感ができた。
そしてもう一つのブランド。NOBU‘S STYLE。

スタイリッシュな男性に向けての提案。今回はセラハイトとアルミニュームを融合させて展開をしました。
斬新なものを欲しがるバイヤーなどが立ち止まって商談していただくことができました。
それと直輸入のアニバーサリーリース。

今までなかったデザインと、多くの小売店舗の皆さんや、店舗デザイナーの方からご注文いただくことができました。
更に新たなスタッフのおかげで進化したROSEGARDEN CRYSTALや和・メリアも幅広い方々の指示を受けることができた。


本当に多くの人にお越し頂き、あっという間の3日間でした。
さ~これから一年間。また新しいものを創り続けていこうといく気持ちになれた。
これも本当に皆さんのおかげです。
ありがとうございました。

| 又右衛門 | 過去のブログ(又右衛門) |

このページの先頭へ