例年通り30日は大掃除。私の役割は神棚のお掃除である。1年間の感謝を伝えながら、心静かに祀らせていただいた。そしてその後スタッフと手分けし会社のしめ縄や鏡餅を飾った。

 

そして大晦日の今日は、事務所の机から、年末商戦を見事に戦い抜いたスタッフの背中をみながら、1年間を振り返りこのブログを書いている。

 

今年1年も飛行機に約100回乗るほど、いろんな国を巡り、いろんな人や植物との出逢いがあった。そしてそのどれもが鮮明に頭の中に残っている。しかし一番明確に残っているものは、どれだけ遠い国でもなく、どれだけの絶景でもなく、観たことのない珍しい植物でもなく、一番近くにいるかけがえのないスタッフの姿である。

 

今年の夏、新年度を迎えるにあたり、組織体制の変更を行い、社内向けに経営計画および会社方針説明会を開催した。そして社員ひとりひとり全員の面談をおこない、直接多くの意見を聞かせてもらうことができた。当然ながら厳しい意見もあったが、その多くが会社がより良くなるための言葉であり、とても貴重な私へ思いでもあった。

 

中には表現がうまくできない人もいたが、それぞれの言葉や表情で、今まで私が足りなかったことを教えてくれた。本当にありがたいことである。

 

そして夏以降、新体制のもと、それぞれが問題意識を持ちながら臨んでくれている。中には今までと違った役割になり、毎日大変な思いをしているスタッフもいるだろうが私の前では元気に取り組んでくれている。その逞しい力に、私も大いに励まされている。

 

そのような本年の業務を終えたスタッフが順次帰っていく。全てのスタッフを見送ることはできなかったが、昨年以上に頼もしくなった背中を眺めながら、あらためて感謝の気持ちでいっぱいである。

 

来年2020年。私たちは140周年の節目を迎えることになる。そしていくつかの大事なプロジェクトも予定されている。

今年、達成できなかったことを教訓として、さらに想いを強くして取り組んでいきたいと思う。来年も多くの地に触れ、人に触れ、植物に触れることでたくさん学び、より多くの人に「みどり」の素晴らしさと、植物から預かったメッセージを届けていきたいと思っています。

 

 

最後になりますが、今年も私の拙いブログを読み続けていただけた皆様、本当にありがとうございました。

 

来年も、めげずに書き続けたいと思っておりますので何卒よろしくお願いいたします。

 

さ~2020年。東京五輪に負けないぐらい、エキサイティングであり、セクシーな取り組みができる『バラエン140周年』にするために前へ前へと向かっていきます!!!

それでは良いお年を!!!!!

 

四代目 金岡又右衛門

 

| プライベート日記 | 又右衛門 |

このページの先頭へ