• HOME
  • 又右衛門 > 「バオバブ サバイブ プロジェクト」特別番組放映のご案内とご報告

四代目又右衛門の頭の中を書いたブログ

いよいよ3月3日土曜日 広島市植物公園 大温室がリニューアルオープンを迎えることになります。

 

そしてそのシンボルツリーとして選ばれたのがオーストラリアの巨大なバオバブで。その移植プロジェクトのリーダーを私、 又右衛門が担わせていただき、昨年10月に無事移植を終えたことは、皆さんにご報告済みのことですが、それに際しテレビ局2社がそれぞれ1時間というドキュメンタリーの特別番組を組んでいただけ、私も出演させていただきました。

 

まずは、既に放送され事後報告で申し訳ないですが、下記にご報告し、続いて週末放送予定のご案内をいたします。

 

*************************************

●タイトル:バオバブが広島にやってきた~男たちの500日の記録~

テレビ局名:テレビ新広島(TSS

放映の日時:2018224日(土)12時~1255

ナレーター:深井瞬(TSSアナウンサー)

 

 番組内容:

バオバブとは、フランスの作家サン・テグジュペリの小説「星の王子さま」にも登場する植物で、ずんぐりとしたユーモラスな形から世界中で人気が高い大型の木。

マダガスカル、アフリカ、オーストラリアなどに生息するこの木が201710月に広島にやってきた。

 番組では、広島市植物公園の開園40周年事業の一環としてオーストラリア・カナナラから日本へ渡る巨大なバオバブの木に注目。

 直径約2メートル、およそ5.6トンもある樹齢約400年の巨大なバオバブの木が広島の植物公園へ植樹されるまでのビッグプロジェクトを追う。

 広島市植物公園のリニューアルオープンは201833()予定。バオバブの木はまもなく一般に公開される。

************************************

 

★放映予告!!!

 

 

************************************

●タイトル:地球派宣言特別番組「オーストラリアからやってきたバオバブ」

 

テレビ局名:広島ホームテレビ(HTV

放映の日時:201833日(土)午前930分~(予定)

ナビゲーター:渡辺美佳(HOMEアナウンサー)

バオバブ研究者:湯浅浩史

プランツプロデューサー:又右衛門

 

番組内容:

20183月に広島市植物公園の大温室が改修されリニューアルオープンします。その様子を植物公園から生中継!

 改修された大温室のシンボルツリーは幹の直径が約2m、推定樹齢400年の「バオバブ」の木。オーストラリアから海を渡りおよそ5600キロ離れた広島にやってきました。

なぜ、バオバブの木が広島にやってきたのでしょうか?バオバブの木とは一体どういう植物なのでしょうか?

その他にも、コアラ・カンガルー・ペンギンなどオーストラリアの動物たちが登場。数々の「なぜ?」をゲストとともに考えながら大温室から生中継します。

オーストラリアの大自然の不思議を紐解きながら、バオバブを守る人々を通してバオバブの生命の力を感じていただく番組です。

 

****************************************

 

以上です。

 

広島市植物公園、Cycad International(オーストラリア)、チーム又右衛門(薔薇園植物場)他多くの関係者が力を合わせてきた壮大なプロジェックトをドキュメンタリーでお届けします。

 



3月3日はまだこのブログを見ていただいてからでも間に合う方もいらっしゃるかと思いますので、機会があれば是非ご覧くださいませ!

ちなみに当日は私、又右衛門は生放送にて登場させていただきます。

ハラハラドキドキしながら、汗を流したみんなのプロジェクトをご覧くださいませ!

| 又右衛門 | 国内情報(国内出張) |

このページの先頭へ