四代目又右衛門の頭の中を書いたブログ

昨晩ベルギーから帰国し、神棚に向かい手を合わせ、ネコの頭を順番に撫でて、パソコンに向かっている間に、深夜になり就寝した。

 

朝は早くから活動をはじめ、一旦出社、簡単に事務作業をさせていただき、兼任する会社の取締役会に出席しているうちに、早くも一日が終わろうとしていた。

 

そしてパソコンに向かっている時に、FLORALIENに一緒に参加していた福中氏から報告が入った。

 


それはFLORALIEN において、私たちViveros Canosとの出展において、外国人参加者枠 20数社の中で3位に入賞したという報告であった。




3位入賞は、まだまだ上があるので、満足はできるものではないが、右も左もわからないままに参加したFLORALIEN。そして言い訳をする意味ではなく異国の地で、思わぬ様々な制限の中での施工など、思うようにいかなかったことが正直多くあった。

 

そのような中で3位であったとしても受賞ができたことは我がチームにとっては、喜ばしいことだと思っている。

そして150周年という年に、日本として華を添えることができたのではないかと思う。また、私たちのビジネスパートナーであるスペインのViveros Canos社と日本のTEA’Designとの協同プロジェクトによって受賞できたことは、とても意義深いことだと思っている。

 

私たちのカテゴリーの受賞についてのコメントは以下である。

 

「出品物の美しさ、価値とクラス別外国人の参加は、フラワーショウの成功に、最も貢献してきました。」とのこと。

世界の感動を日本に。日本の感性を世界へ。と活動する私たちには、とても喜ばしいコメントだと思う。

はじめて飛び込んだ世界。3位入賞で新たな目的が見えてきたかもしれない。そんな感じがする又右衛門 MATAEMONであった。

 

そしてGENTの街が、また一つ記憶に残る街になった。

 

さて明日からはスペイン。中一日の日本であった。まるで日本に旅行に来た気分で、明日から異国の地をめざします。

| 又右衛門 | 海外情報(海外出張) |

このページの先頭へ