沿革

明治24年 長尾村(現兵庫県宝塚市山本)において、初代 金岡又右衛門が全国において先進的な花き園芸の生産に取り組む。
大正10年代 2代目 金岡喜蔵が薔薇園植物場を設立、バラの取り扱いを始める。
昭和初期 植物目録を作成し、全国に向けて植物各品目の通信販売を始める。
昭和10年代前期 積極的にバラの生産に取り組み、全国的な普及に努める。また同時期に全国に先駆けてバラの輸出事業も手掛ける。
昭和20年代後期 バラの生産拠点を宝塚山本から山梨県甲府に移し、積極的に生産や、生産指導を行う。その後、岐阜県の揖斐大野においても同様の活動を展開し、今日のバラ生産・普及に大きく関与する。
昭和30年代 3代目 金岡信也(前会長)が大阪学校園協会山本分室を併設し、全国に向けて種苗の通信販売事業の拡大を図る。
昭和40年代 宝塚市山本において園芸全般の小売販売、造園事業を展開する。
昭和50年代 生花小売販売部門を設け、近畿圏の量販店においてフラワーショップ事業を展開する。
昭和60年代 量販店向け生花加工卸部門を設立。量販店において積極的に展開。
平成4年 チェーンストア向けリテールサポート事業を開始。
平成9年 大阪花き園芸地方卸売市場(梅田生花市場・大阪植物取引所)内においてローズガーデンとして仲卸営業開始。(現ローズガーデン大阪第一営業所)同年、有限会社薔薇園植物場/ローズガーデンを設立。代表取締役に金岡子(あきこ)が就任。
平成16年 業務拡大に伴い、大阪花き園芸地方卸売市場に隣接するローズガーデン大阪第2営業所を開設。
平成18年 生産者から消費者の安心・安全を守ることを目的とした株式会社アースフィールを東京都港区に設立。代表取締役に金岡信康(有限会社薔薇園植物場 専務取締役)が就任する。
平成22年 旧大阪第一営業所である仲卸店舗を梅田生花市場内において、移設および拡張。
それに伴い、同仲卸店舗を「仲卸 ローズガーデン」とし、場外店舗であった旧大阪第二営業所を「薔薇園植物場 大阪営業所」と改称する。
平成23年 仲卸ローズガーデン西側にローズガーデンプランツ(株)の植物展示・販売場を開設。
平成24年 前代表取締役社長 金岡あき子が会長に就任、後任として金岡信康が代表取締役社長に就任する。
平成25年 ローズガーデンプランツ(株)北側に仲卸ローズガーデン植物部の展示・販売場を開設。

このページの先頭へ